家政学部[児童学科] 家政学部[児童学科]

家政学部 児童学科子育てひろば「はるにれ」のご案内



子育てひろば「はるにれ」にようこそ!

プレイルームに入っていただくと、すぐ目につくのが大きな木のオブジェ。
すっくと伸びた「はるにれ」の木の幹をイメージしたものです。
何で「はるにれ」なのでしょう?
それにはこんなわけがあります。
はるにれの木は大地に根を張り、枝は豊かに伸びます。春夏秋冬、どの季節にも凛として立ち続けています。そんな凛とした木のもとに集う人々は、その木の枝のようにそれぞれらしく伸びながら、緩やかに繋がる。自分らしくありながらも、緩やかに繋がれる場のシンボルとしての「はるにれ」なのです。

「はるにれ」の理念や特徴は以下の通りです。
①理念

  • 広場に集う親も子もスタッフも、共に支えあい、繋がりあい、育ちあう場
  • 温かい雰囲気のもと、集うみんなが自分を発揮できる場

②特徴(大学の主催する子育てひろばとして)

  • 子育てひろばで学生が育つ
  • 親子が大学の資源に触れることができる場
  • 大学の資源を地域に還元することが出来る場
  • 夏休みには小学生くらいまでの子どもたちが活動できる可能性のある場

さあ、お子さんと一緒にぜひ一度いらしてくださいね。

※「はるにれ」へのお問い合わせ
〒101-0051
東京都千代田区神田神保町3-27 共立女子大学6号館1階
TEL:03-3237-6397(児童学科助手室)
E-mail:harunire.gr@kyoritsu-wu.ac.jp

常設遊具について

  • 楽器コーナー
    スリットドラム、バラフォン、オーシャンドラム、フルーツシェイカー、卵マラカスなど、さまざまな音を楽しんでもらえる楽器を用意しています。

  • ままごとコーナー
    野菜、果物、お肉、鍋、包丁、トング、お皿などたくさんの道具が用意されています。子どもたちのイメージがひろがり、お店屋さんやパーティが開かれることもあります。

  • 大型遊具
    昇る、降りるなどを室内でも体験できます。ご家庭と違って段差を経験できることが喜ばれています。

  • くつろぎコーナー
    畳の上で遊んだり、絵本を見たり、ゆったりと過ごしてもらえる場所です。

  • 制作コーナー
    子どもたちが自由に折り紙や画用紙、クレヨン、ペンなどを出して制作ができます。

  • 学生が作成した手作りおもちゃ
    学生が授業で作成した手作りおもちゃが登場することもあります。

  • はるにれのシンボル
    お部屋の中央には、はるにれのシンボルの木があります。

子育てひろば「はるにれ」 利用案内

子育てひろば「はるにれ」は、地域の子育て親子が自由につどい、親子でゆったりと過ごしていだく施設です。また、親同士の交流や仲間づくりや子育て情報を提供する場であるとともに、大学の教育・研究施設でもあります。

1、利用対象

  • 小学校就学前までのお子さんと保護者が親子でゆったりと過ごしていただく施設です。
    原則、対象年齢外のお子さまや、お子さまのみ・保護者のみのご利用はご遠慮ください。
  • 初めて利用される方は、登録フォームの入力または登録用紙に必要事項を記入してください。
  • 利用中は、名前シールを貼ってお過ごしください。
  • 千代田区以外の住民の方もご利用いただけます。

2、開館日・利用時間

  • 月~水 10:00~15:00 (12:00~13:00を閉室する場合もあります)
  • 原則として大学の授業日程と連動して開所・閉所になります。
    そのため、8月、2月、3月は閉所します。
  • 感染症予防のため,10組限定での開室となります。
    また、学食は開いておりません。お食事はご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
開室カレンダー

3、利用料金

  • 利用料(保険料等)は1回につき1家族200円になります。半期定額利用券(1,000円)もございます。

4、ご利用の流れ

①子育てひろば「はるにれ」は共立女子大学6号館1階にあります。

  • ★徒歩や自転車でお越しください。
  • ★自転車は、3号館の門を入った駐輪場にとめてください。
  • ★ベビーカーは、たたんで6号館1階の入口横(校舎内)に置いてください。
  • ★自家用車での来所はご遠慮ください。駐車スペースはありません。

②受付で利用料(1家族、1回200円)をお支払いください(半期定額利用券は1,000円です)。おつりがないようにご用意ください。

③入室されたら、靴は入口横の靴箱に入れてください。

  • ★お子さまの安全上、靴下はぬいでご利用ください。

④初めてのご利用の方は、簡単な登録をお願いします。

  • ★登録フォームの入力または登録用紙に必要事項を記入してください。登録フォームはこちら
  • ★「はるにれカード」(登録カード)を発行します。

⑤2回目以降のご利用の方は、警備員室や「はるにれ」受付で「はるにれ」カードをお見せください。

⑥お荷物は荷物置き場をご利用ください。

  • ★貴重品は各自で管理してください。

⑦お名前シールを貼ってお過ごしください。

5、ご利用にあたり

  • お子さんの安全に十分注意してください。
  • 体調のすぐれないお子さんのご利用はお控えください。
  • 貴重品は各自で管理してください。
  • 個人情報保護のため、ひろば内での写真・動画撮影はご遠慮ください。
  • 授乳やオムツ交換は、所定の場所で行ってください。
  • 感染症予防のため、学内でのお食事はご遠慮ください。
  • ごみ、使用済みオムツなどは、必ず、自宅までお持ち帰りください。

6、大学施設の利用

  • 感染症予防のため、現在、学食の利用ができません。

7、学生の実習について

  • 保育者や教員を目指す学生が実習や学習のため、「はるにれ」に参加します。
  • 授業などで学生が子どもと遊ぶ、保護者の方とお話をさせていただくことがあります。学生が子育ての実際を理解できるように、ぜひ保護者の方のお力をお貸しください。
  • 児童学科の教員が、学生の指導・助言を行います。

8、教育・研究機関としての活動

  • 「はるにれ」は、子どもの保育・教育、子育てに関する研究を行う施設でもあります。
  • 教育・研究の目的で使用するため、既設のビデオカメラでの録画、写真撮影を行うことがあります。
  • ビデオ撮影や写真撮影を行う場合は、目的や方法などを掲示でお知らせします。
  • 記録したものは、研究・教育の目的以外には使用しません。
  • 写真の一部は、構内の掲示やホームページで使用することがあります。
  • アンケートのご協力をお願いすることもあります。
  • 上記の教育・研究活動での記録に関してご質問がある場合は、スタッフにお尋ねください。

保育・子育て講座の紹介

子育てひろば「はるにれ」では、年数回の保育・子育て講座を開催します。児童学科や家政学部の教員中心となり、お子様と保護者の方が一緒に行う表現活動(音楽・体育・造形など)や、子どもの発達や成長に関する内容及び食生活・衣生活・住生活に関連する内容の講座などを企画していきます。ぜひ一度覗いてみてくださいね。

 子育て広場「はるにれ」のイベント情報です。

 これらのイベント参加を希望される方は、こちらの申込フォーム からご登録ください。
 費用は、はるにれの利用料200円(1家族)のみです。親子で参加していただけます。半期定額利用券を購入の方も同様にご参加いただけます。
 なお、申し込み多数の場合は先着順とさせていただきます。
 皆様のご参加をお待ちしております。

スタッフブログ

はるにれだより(2021年5月8日)

子育て広場は共同保育のスペース
 NHKスペシャル『ママたちが非常事態 ~私たちのこれから 超少子化 安心子育て~』(2016年1月31日)は、放映後、子育て世代だけでなく保育関係者から大きな反響があった番組です。その後、大学の授業でも映像教材として使っていますが、将来保育者を目指す学生たちだけでなく、栄養や被服、建築デザインを専門に学んでいる学生たちも、将来子育てをする前に学ぶことがよかったという感想を述べてくれています。
 番組の内容を少し紹介しますと、人間の子育ての特徴は人類誕生の700万年前にさかのぼります。チンパンジーが5年に1回しか出産しないのに対して、人間は毎年出産することができます。そうやって人類は多くの子孫を残して繁栄してきたわけですが、育児をしながら出産するためにはみんなで助け合って子育てをする「共同養育」の仕組みが必要でした。元々、人間は共同養育を必要とする生き物であるのに、現代社会においては、核家族や都市化などの影響により共同養育ができにくくなっています。
 そのような現状を鑑みると、子育て広場などの保育スペースは、子育て中の親子が集える場として、共同養育の機会が提供できる場だと思います。さらに番組では、育児体験をした女子大生の脳が子どもに対して親しみや愛情を感じるようになったという研究結果も紹介していました。つまり、母性というのは生まれつき備わっているのではなく、育児を経験することによって獲得されるものだと考えられています。現在、コロナ禍で子育て広場での大学生のボランティア活動はお休みにしておりますが、コロナが終息しましたら、ボランティア学生たちが保育室に入りますのでよろしくお願い致します。
 番組では、他にも夜泣きのメカニズムや愛情ホルモン「オキシトシン」の働きについて、最近の科学知見に基づいて解明しています。詳しくは番組サイトや文献をご覧ください。
https://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20160131

(児童学科 白川佳子)

はるにれだより(2021年5月7日)

絵本ブックレビュー『ありえない』
 前回は、神保町で絵本や児童書を扱っておられる本屋さん「ブックハウスカフェ」で新しく始動された「ココロノホンダナ」のプロジェクトをご紹介しましたが、今回はブックハウスカフェさんで出会った新刊絵本『ありえない』のブックレビューをします。この本は、『はらぺこあおむし』で有名なエリック・カールさんの絵本です。ブックハウスカフェさんのイベントで、翻訳者のアーサー・ビナードさんの絵本解説をお聞きする機会を得ました。
 ビナードさんによると、この絵本のメッセージは、私たちが当然のように信じている常識を一旦疑ってみたらどうだろうか、とのこと。絵本の原題は”The Nonsense Show”です。しっぽが行方不明になったヘビ、生活環境が入れ替わった鳥と魚、歩くタクシー、飼い主と犬の入れ替わり、などなど。「ありえない」お話しがたくさん出てきますが、エリック・カールさんの鮮やかな切り絵が表情豊かに読者にユニークさを伝えてくれます。複雑なストーリーではないので、小さいお子さんも絵を見るだけで「ありえなさ」を楽しめるのではないでしょうか。

(児童学科 白川佳子)

はるにれだより(2021年5月6日)

神保町の児童書専門店「ブックハウスカフェ」を訪問
 神保町は本の街として有名ですが、その中でも絵本や児童書を扱っておられる本屋さんを紹介したいと思います。「ブックハウスカフェ」さんは、神保町の中で唯一新刊児童書専門店とカフェのコラボのお店です。赤ちゃんから大人まで親しんでいただけるお店を目指して、ゆっくりくつろげる個室や小さい子どもたちが遊べるスペース、おむつ替えや授乳のスペースも設置されている子育て世帯に嬉しい本屋さんです。
 3月下旬、そのブックカフェさんから「ココロノホンダナ」プロジェクトをスタートするというお知らせをいただきました。
 HP情報によると、「ココロノホンダナ」は、「発達の特性によって社会の中では暮らしづらいお子さんと、そのそばにいる大人と一緒に、違いを知り合い、絵本でたのしみをともにすることが出来たら素敵ではないか!と絵本と子どものことを仕事にしているメンバーが、神保町の絵本屋「ブックハウスカフェ」に、集まって始めた活動」とのことです。一般財団法人日本児童教育振興財団”の助成を受けて活動されています。
 写真は、ココロノホンダナの活動で今後設置しようと考えておられるダンボールハウスです。親子で落ち着いて絵本を読みたいときのスペースとなります。子どもたちの中には周囲の情報が気になって落ち着かない特性のお子さんもいらっしゃいます。ユニバーサル支援の環境を目指しておられるココロノホンダナの取り組みにこれからも注目していきたいと思っています。子育てひろば「はるにれ」をご利用なさったついでに立ち寄ってみられたらいかがでしょうか。
 https://www.bookhousecafe.jp/blog/hondana/

(児童学科 白川佳子)

はるにれだより(2021年5月1日)

絵本ブックレビュー『ぐるんぱのようちえん』
 第3回緊急事態宣言が発令され、子育てひろば「はるにれ」はしばらく閉室しております。昨年度も第1回の緊急事態宣言により前期は閉室にしたのですが、昨年度の利用者アンケートでは、「ステイホーム中に子育てに関するアドバイスがほしい」というご意見があがっていました。
 そこで、今回は私の好きな絵本から1冊ご紹介したいと思います。
『ぐるんぱのようちえん』は、大学の「人間学」という授業の中でも学生たちに読み聞かせして紹介したことがあるのですが、学生たちもこの絵本が楽しかったという感想を述べてくれました。絵本は子どもだけでなく大人も楽しめるものだということを実感します。
 この絵本の主人公であるゾウのぐるんぱは大人になったのに働かないでぶらぶらしています。心配したゾウの仲間たちがぐるんぱをきれいに洗ってあげて働きに出します。しかし、働きに行ったビスケット屋でも、お皿屋さんでも、靴屋さんでも、ピアノ屋さんでも、車屋さんでも失敗してしまいクビになってしまいます。しょんぼりして歩いていると、12人の子どもを育てるので忙しくしているお母さんと出会い子どもたちと遊ぶことを頼まれます。ぐるんぱは自分が作った大きなピアノや車やお皿や靴を使って子どもたちと遊び、幼稚園を開きました。何をやってもうまくいかなかったぐるんぱですが、最後には自分に合った場所を見つけることができたというストーリーは就職活動という荒波の中で悪戦苦闘している学生たちを励ましてくれる内容だったようです。

 絵本は子どもたちの想像の世界を広げてくれ、そして大人にも穏やかな時間を与えてくれる素敵な贈り物です。他にも私が編集チームとして作っている保育サイト「保育Lab」の「絵本大好き」というコーナーをご紹介します。このコーナーでは、ブックレビューが書かれているので、絵本を選ぶときの参考になさっていただればと思います。
https://sites.google.com/site/hoikulab/home/thinkandenjoy/picturebooks
 また、はるにれのスタッフは全員が保育士か幼稚園教諭の有資格者です。はるにれを利用されたときに、絵本の選び方などお気軽にご相談ください。新型コロナ感染予防のために、現在は保育室に本棚を設置しておりませんが、お子さんの年齢にあった絵本や季節にあった絵本など現物の本をご紹介できます。利用者の皆さんとお会いできるのを楽しみにしております。

(児童学科 白川佳子)

はるにれだより(2021年4月20日)

 2021年度の「はるにれ」が本日から始まりました。午前中に4組、午後には6組の親子が来室してくださいました。 長い春休みが終わって久しぶりに顔をみせてくれたお子さんはそれぞれとても大きくなって、初めての子どもたちもすぐに「はるにれ」の場に慣れてそれぞれが好きな遊具を見つけて遊びこんでいました。 そしてさっそく子どもたち同士の楽しい関わりも見られました。

 今年度も「はるにれ」が皆様に安心で安全な場としてご利用していただけるよう、スタッフ一同、遊具の消毒をはじめとした環境整備を整えてまいります。
 新型コロナ感染症の感染拡大を防ぐために、今年度も1回あたり10組までの入室とさせていただき、今後の感染状況次第では、今後の開室スケジュールに変更があることがございます。どうぞホームページをよくご確認の上、お越しください(緊急事態宣言期間中のみ閉室いたします)

(主任保育者 直井玲子)