文芸学部

人間の本質に迫る ― その豊かさと魅力

詩、歌、舞踊、芝居、音楽、絵画、彫刻…これら文学や芸術と呼ばれるものはすべて、国家よりも、文字よりも、農耕よりもさらに古くから存在していました。古い時代には、文学も芸術も個人の趣味や楽しみのために存在していたのではなく、社会の構成員に共有されるべき財産として存在していました。この事実が、文学や芸術の重要性とその本質的に社会的な性格を雄弁に物語っています。
文芸学部に置かれた7コース、日本語日本文学、英語英米文学、フランス語フランス文学、劇芸術、造形芸術、文芸教養、文芸メディアは文学と芸術を通して、またそのあわいを見透かすことで、人間の本質に迫ることをめざします。そのために私たちは、学生が自己の関心事や狭い専門領域に閉じこもることなく、世界に対して自己を開き、幅広い関心を持ち、そしてただ受動的に知識を得るのではなく、対象の中に踏み込むことによって自ら感じ、考えることを求めます。汲めども尽きぬ豊かさと魅力を持つこの世界を、あなたも私たちの仲間となって、探求してみませんか。

取得可能な資格

  • 中学・高校教諭[美術] /
  • 中学・高校教諭[国語] /
  • 高校教諭[情報] /
  • 中学・高校教諭[英語] /
  • 中学・高校教諭[仏語] /
  • 司書教諭/学芸員 /
  • 司書(任用)