HOME

キャンパスライフ

障がい学生への支援について

障がい学生への支援について

障がい学生への支援について

 共立女子大学・共立女子短期大学は、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(平成 25 年法律第 65 号)に基づき「共立女子大学・共立女子短期大学 障がい学生支援に関する基本方針」を定め、障がい学生の修学のために必要かつ適切な合理的配慮を行い、継続的な障がい学生支援の充実に取り組んでいます。

修学上の支援について

 合理的配慮とは、障がいがあっても安心して修学していただくために、 大学が公平な機会の確保に努め、必要かつ適当な調整を行うことです 。障がいのある学生から合理的配慮の申し出があった場合、学生の困難さや困り感を聴き取り、大学としてできるサポート体制を検討していきます。

  1. 成績評価や出席について特別な配慮をするものではありません。
  2. 教育の目的や本質を変えることはありません。
  3. 本学にとって財政面、体制面で過重な負担にならない範囲で行われるものです。

こんな時にいつでも相談してください

  1. 障がいや病気のため授業履修の際に困っていることがある。
  2. 自分の障がいや病気のことを周囲に理解してもらいたい。
  3. キャンパス内の施設の使用について不便を感じている。
  4. 就職活動をする上で相談したい。

支援についての相談窓口

  1. 学生支援課内障がい学生支援窓口(本館2階)
  2. 相談のある方、支援を希望する方は、予め電話(03-3237-1995)または Googleフォーム にて連絡を下さい。
  3. 支援願いの様式は、ダウンロードできますので、予めご確認下さい。
    支援志願一式
  4. 入試・入学に関する配慮を希望する方は、予め入試課に電話(03-3237-5656)にてお問い合わせ下さい。