ビジネス学部

Faculty of business

ビジネス学部学修支援体制

学生一人ひとりに寄り添う学修支援体制が充実

これまでの高校教育と異なる大学生活。入学からスムーズに大学の学びに慣れることや、学修に対するモチベーションを継続できるよう、担任(アカデミックアドバイザー)を始めとするビジネス学部(仮称)の全教員および上級生のLA(ラーニング・アシスタント)が学生一人ひとりに寄り添った学修支援を行います。

3つのPOINT

1. 数学など入学前に基礎分野の補習を実施
2. 担任制(アカデミックアドバイザー)による学修支援
3. LA(ラーニング・アシスタント)による学修・生活サポート

学びのサポート

入学前教育

入学前に数学など基礎分野の補習教育を実施

1. 基礎学力の定着と維持・向上
2. 学ぶ習慣の維持・定着
3. 大学教育へのスムーズな接続
4. 学びのコミュニティー形成の意識・動機付け

担任による定期的な全員面談

担任(アカデミックアドバイザー)による定期的な全員面談を実施

フィードバックタイム

空き時間を活用し、事前・事後学修をバックアップ

  • 5時限目は専門科目を置かずにフィードバックタイムと定め、事前・事後学修や補習、キャリア相談などの時間に活用することができます。
  • フィードバックタイムだけでなく、空き時間は学生と教員の予定を合わせてあらゆる相談が可能です。

LA(ラーニング・アシスタント)サポート

上級生による学修面および生活面の身近なサポート

ビジネス学部の学びの拠点

学ぶ環境に適した施設・設備

2号館・4号館共通の特長
  • 可動式のテーブルやホワイトボードなどを多く配置。グループワーク、プレゼンテーションなど、様々な形態の学修スタイルに対応した最新の設備を整備。
2号館の特長
  • ラーニングコンシェルジュが常駐
  • 模造紙、付箋紙などが自由に使えるエリアを配置
  • グループ学修室を配置
4号館の特長
  • 専任教員の研究室を近くに配置し、相談しやすい環境を整備

学修ポートフォリオによる支援

学修を主体としたポータルページを使い、学修状況の把握、履修指導やキャリア相談、組織的な学生支援等を行います。

学生一人ひとりの学びの軌跡を可視化・きめ細かな支援を実現

学修状況の把握

学修状況をリアルタイムに把握・評価が可能となり、学修効果の質の保証につながります。

履修指導やキャリア相談に活用

履修状況、成績、学修履歴など様々な学生情報や、教職員間で共有している面談情報を基にきめ細やかな指導、相談に対応します。

組織的な学生支援

蓄積された学生の情報、面談記録などから支援が必要な学生を見つけ出し、全教職員でサポートします。

活動記録

学修する過程で学んだこと、正課外活動の状況、取得資格などの記録を入力できます。