家政学部[食物栄養学科‐食物学専攻] 家政学部[食物栄養学科‐食物学専攻]

家政学部 食物栄養学科 食物学専攻人材養成目的・3つのポリシー

人材養成目的

 家政学部食物栄養学科食物学専攻の人材養成目的は、家政学部の人材養成目的に基づき、「本専攻で学ぶ全ての学生に対して社会に通用する広い教養を十分に涵養せしめたうえで、現代の多様な食生活の中にあっても多くの人々がより一層の健康な社会生活が営めることをめざし、食の安全性はもとより、栄養の素材としての食物、並びに食物と健康に関する幅広い知識とその実践的能力を身につけた女性を育成する」ことである。

3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー

 食物栄養学科食物学専攻は、本学科・専攻の課程を修め、124単位以上の単位修得と必修等の条件を充たしたうえで、次のような社会に広く貢献できる自立した女性としての必要な知識、技能並びに資質を備えた人物に学位を授与する。

(1)食品の種類・機能・成分・性状、食品の調理・加工・保蔵に関する基礎的な知識を有し、食文化について、その歴史・地域性・伝統・諸課題などについて理解している。(知識・理解)

(2)化学分析や食品分析についての基礎的な技能を有している。(技能)

(3)食品の調理・加工・保蔵についての基礎的な技能を有している。(技能)

(4)食品の生育・生産から、加工・調理を経て、人に摂取されるまでの過程についての知識を有し、人体に対しての栄養面や安全面等への影響や評価について適切に判断できる。(思考・判断・表現)

(5)企業における食品開発のほか一般社会生活等において、食物・栄養と健康に関する提案を、他者と協力して導き出すことができる。また、食の専門的リーダーとして、他者に働きかけ、食物・栄養と健康に関する提案を導き出すことができる。(関心・意欲・態度)

カリキュラム・ポリシー

 食物栄養学科食物学専攻は、ディプロマ・ポリシーに定める知識、技能などを学生に確実に身に付けさせるために必要な授業科目を配置し、順次性に配慮し体系的かつ効果的に教育課程を編成する。

 教育課程編成及び授業実施にあたっての、教育内容、教育方法、学修成果の評価の在り方についての方針を次の通り定める。

教育内容

【初年次教育・キャリア教育】

(1)大学における学修・生活に適応するための基本的な能力を育成するための教育内容を組み込む。

(2)社会での自立と自活に向けて必要な基盤となる能力や態度を育てることを通して、自らの役割の価値や生き方を見出していくための教育内容を組み込む。


【教養教育科目】

(1)大学生活・社会生活を送るうえで身に付けておくべき基本的な知識・技能を育成するために、以下のように教育課程を編成する。

  • 大学生活を送る上で必要な学修技能を育成することを目標とし、必修科目「基礎ゼミナール」を配置する。
  • 大学生活・社会生活を送る上で身に付けておくべき基本的な表現力と情報活用能力等を育成することを目標とし、『日本語表現』、『英語表現』、『英語以外の外国語表現』、『情報』、『統計』、『体育』に関する科目を配置する。
  • 『英語表現』『英語以外の外国語表現』においては、英語・フランス語・中国語・ドイツ語の中から8単位(うち4単位は同一外国語)を履修し、基礎的な表現力を育成する。

(2)大学生活・社会生活を送るうえで必要な、幅広く深い教養・総合的な判断力・豊かな人間性を涵養するために、以下のように教育課程を編成する。

  • 『学問への招待』として、専門分野の枠を超えて共通に求められる知識と技能の伝達により、知的好奇心を喚起し豊かな人間性や柔軟な思考を獲得するための科目を配置する。
  • 『生活の中の教養』として、知的・文化的な日常生活を創造できる知識・技能を獲得するための科目を配置する。
  • 『社会人としての教養』として、現代社会おける諸課題に自らの使命・役割・責任を関連付け、適切に対処できる知識と能力を獲得するための科目を配置する。
  • 『専門を学ぶための教養』として、専攻する学問の理解を助け、関連する諸分野への幅広い視点を得るための知識と技能を獲得するための科目を配置する。

【専門教育科目】

(1)家政学部共通科目では、家政学を学ぶうえで身に付けておくべき基本的な知識と技能を修得するため、以下のように教育課程を編成する。

  • 被服、食物、住居、児童、家庭経営の5領域の基本的知識を学び、それらを統合した人間のライフサイクルと福祉の視点から人間生活の構造や基本事項を理解するための科目を配置する。
  • 前述の5領域に隣接または基礎となる社会科学・自然科学などの幅広い諸科学の視点と基本的知識を獲得するための科目を配置する。

(2)食物学専攻では、食生活の改善・向上に役立つ、食物に関する幅広い知識と実践能力を養うため、「基礎領域」「食品科学領域」「健康科学・栄養学領域」「調理学領域」「食文化・食産業領域」「主題研究領域」の6つの領域を設け、体系性・順序性を踏まえて科目を配置する。

(3)1年次に、食物学・栄養学を学ぶうえで基礎となる基本的知識を獲得するため、「基礎領域」として「生物・化学」に関する科目を中心に配置する。

(4)2年次、3年次には、「食品科学領域」「健康科学・栄養学領域」「調理学領域」「食文化・食産業領域」に関する専門的な知識・技能を獲得するための講義科目を配置するとともに、食物・栄養・健康に関する様々な課題に対して応用できる能力を身に付けるため、実験・実習科目を配置する。なお、フードスペシャリストの試験合格を目指した科目も併せて配置する。

(5)4年次に、食物・栄養・健康に関する専門的な知識・技能を修得し、さらに、思考力・判断力・表現力、関心・意欲・態度を身に付けた成果を論述・表現するために「卒業論文」「卒業演習」を配置する。


教育方法

(1)教育内容の実施にあたっては、その 内容に相応しい適切な授業形態を用い、必要に応じてアクティブ・ラーニングの手法を適切に取り入れる。

(2)授業開始後の学修の指針として機能する適切なシラバスを作成し、授業計画に基づいて適切に指導を行う。

(3)シラバスにおいて、事前・事後の学修内容、目安の学修時間を提示し、事前・事後学修を担保する。

(4)レポート等の課題を出す時期と課題の整合性をはかり、期中にフィードバックを行う。

(5)各学期末に専門科目の学修成果の到達度について、担任教員との面談を通じて振り返りを行い、学修効果を高める。

(6)主体的な学びを高めるために、教員と学生間の双方向授業、グループディスカッション、グループワーク等のアクティブラーニングを専門教育科目に取り入れる。

(7)「食品科学領域」「健康科学・栄養学領域」「調理学領域」「食文化・食産業領域」に関する年次別学科専門教育の履修モデルを作成し、これを活用して学修効果を高める。

(8)食物・栄養・健康に関する専門的な知識・技能を修得し、さらに、思考力・判断力・表現力、関心・意欲・態度を身に付けるために学生に対して1名以上の教員が個別指導にあたり、卒業研究を進める過程において、グループディスカッション、グループワーク等のアクティブ・ラーニングを取り入れる。

学修成果の評価

(1)各授業科目の到達目標に応じて、求める到達水準を明確化して、その到達状況を適切に評価する。

(2)各授業科目の学修成果の最終的な評価は試験により行う。また、授業科目の内容に応じて、日常的な課題、小テスト、レポート、意欲・態度等を適切に評価する。

(3)1年次において、年度初めのプレイスメントテストと年度末のアチーブメントテストを実施することにより、英語の語学力向上を定量的に評価する。

(4)3年次から4年次の進級については、卒業に必要な124単位のうち80単位以上の単位を修得していることを条件とする。

(5)3年次後期フードスペシャリストの全国試験を受験するにあたっては、3年次前期までに所定の単位を修得することを条件とする。試験の合否によって3年次までの学修成果の総合的評価を行う。

(6)4年次に履修する「卒業論文」「卒業演習」では、卒業論文・演習発表会において学修成果を発表し、指導教員、他の教員や学生からの諮問を含めた総括的評価を行う。


アドミッション・ポリシー

 食物栄養学科食物学専攻は、ディプロマ・ポリシーに定める知識、技能などの修得を目指し、カリキュラム・ポリシーに定める教育を受けるための条件として、次のような知識・技能、能力並びに目的意識・意欲を備えた人物を求める。

(1)食物と栄養、食文化について学ぶために必要な高等学校卒業相当の基礎学力としての知識があり、入学後の修学に必要な技能を有している。(知識・技能)

(2)高等学校まで履修内容のうち、「国語」と「英語」を通して聞く・話す・読む・書くというコミュニケーションの基礎的な内容や考えを適確に表現できる語学力を、さらに「数学」と「「理科」を通して食物と栄養について学ぶための科学的思考力の基礎を身に付けている。(知識・技能)

(3)自分の考えを表現し、他者に伝えることができる。(思考力・判断力・表現力)

(4)他者の考えを理解し、物事を多面的かつ論理的に考察することができる。(思考力・判断力・表現力)

(5)食物と人の健康にかかわる諸問題に深い関心があり、主体・積極的に発言し、学修課題に積極的に取り組むことができる。(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

(6)将来的に食品学、栄養学における専門性の高い仕事に就き、社会に貢献しようとする意欲がある。(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)