HOME

社会連携

千代田区キャンパスコンソ

千代田区キャンパスコンソ

千代田区キャンパスコンソ

 千代田区内の徒歩圏にキャンパスが近接する5大学(大妻女子大学・大妻女子大学短期大学部、共立女子大学・共立女子短期大学、東京家政学院大学、二松學舍大学、法政大学)(以下、近接5大学)は、2018年4月1日付で「千代田区内近接大学の高等教育連携強化コンソーシアム」(略称:千代田区キャンパスコンソ(C.C.C))を設立しました。
 このコンソーシアムは、経済社会の健全な発展の推進力となることを目指し、近接5大学、千代田区(関係団体等を含む)、地域産業界等が、近接の立地等を生かした連携を図ることにより、学生の学びや社会の人材養成に対する要請など多様なニーズに適切に対応することを目的とするものです。
 コンソーシアムが実施する連携事業は以下のとおりです。

  • 近接5大学間の連携に関すること(教育の質の保証・向上、学生の交流及び多様な学びの提供等)
  • 千代田区(関係団体等を含む)との連携に関すること(研究成果還元及び千代田区内の地域コミュニティの活性化等)
  • 地域産業界等との連携に関すること
  • 地方の大学との連携に関すること
  • その他コンソーシアムが必要と認めた事項
  

連携体制図

  

リーフレットについて

ロゴマークについて

キーワード:集まる、連携の輪、UNITED、結ぶ、学生、人、大学
カラー:緑<新鮮・成長・永続性>
デザイン:人をモチーフにした「大」の字を、輪形に構成することでコンソーシアムの連携を表現した。人をモチーフにすることで、コンソーシアムを構成するそれぞれが、未来を見つめ、地域、地方、 産業に意欲的に働きかける様子を表わしている。カラーの緑のグラデーションは、コンソーシアムでの連携・協力の成長と豊かさをイメージしている。

制作者:共立女子大学 家政学部 建築デザイン学科 准教授 田中裕子

千代田区キャンパスコンソ中期計画について

千代田区キャンパスコンソは、2019年7月26日に「千代田区内近接大学の高等教育連携強化コンソーシアム中長期計画(2019~2024年度)」を策定しました。
これは、2018年9月に策定した「千代田区内近接大学の高等教育連携強化コンソーシアム基本方針」で示した千代田区等における高等教育を取り巻く環境や各大学の現状、ビジョン・目標や取組む事業等に加え、2024年度までの事業計画の内容とそれらのロードマップ、事業推進体制や実施事業に対する評価の方法等を示したものです。
千代田区キャンパスコンソはこの中長期計画に基づき事業を展開していきます。

連携事業について

コンソーシアム設立以降、千代田区や地域産業界と連携して、様々な取り組みを行っています。
これまでのプログラム実績については、こちらをご覧ください。

単位互換制度について

『単位互換制度』とは、他大学等の授業を受講して修得した単位を、その学生が所属する大学等の単位として認定する制度です。コンソーシアムの構成大学から提供される、皆さんが所属する学部・学科では学ぶことができない特色ある科目を受けることができます。手続き方法等の詳細は、教務課(本館2階)をお尋ねください。

共同IR報告