HOME

研究活動

科研費採択状況

科研費採択状況

2020年度 科学研究費助成事業 採択課題一覧

【共立女子大学】39件

基盤研究(A) 1件

研究代表者 所属 研究課題 研究期間
堀 新 文芸学部 戦国軍記・合戦図の史料学的研究 2020-2023

基盤研究(B) 1件

研究代表者 所属 研究課題 研究期間
権藤 桂子 家政学部 言語的マイノリティー児童の母語を基盤とした幼児期からの評価と特別支援の試み 2017-2020

基盤研究(C) 29件

研究代表者 所属 研究課題 研究期間
川上 浩 家政学部 多機能性乳タンパク質の生理活性発現機構の解明とその応用に関する研究 2016-2020
深津 佳世子 家政学部 βアミノイソ酪酸は、がん病態に対する新規抑制因子となりうるか? 2016-2020
白川 佳子 家政学部 保育者の言語的コミュニケーションスキルを高める保育者研修プログラムの実証的開発 2017-2020
河原 紀子 家政学部 幼児期における特定の「親密な友達」の形成過程:「仲間づくり活動」の縦断的観察から 2017-2020
村瀬 浩貴 家政学部 綿の構造を模倣したバイオミメック繊維の開発 2017-2020
西坂 小百合 家政学部 幼保小移行期の親の適応を支える親支援プログラムの開発 2018-2020
田中 淑江 家政学部 日本の着物における新解釈の可能性に関する研究 2019-2021
長崎 巌 家政学部 江戸・明治期の肉筆雛形本(小袖・着物注文用模様見本帳)の所在及び実態に関する研究 2020-2022
丸田 直美 家政学部 3Dバーチャルボディを生かした現代に求められる実物ボディ(人台)の開発 2020-2022
高橋 大輔 家政学部 予防という観点からの住宅地における空きストックの利活用手法に関する研究 2020-2022
田口 亜紀 文芸学部 近代フランス出版文化の言説における「観光」の視点の形成 2017-2021
土田 牧子 文芸学部 近代日本における新興演劇の演出に関する研究-新派の音楽演出を中心に- 2017-2020
遠藤 耕太郎 文芸学部 東アジアの一地域としての古代日本における、殯空間での言語表現についての研究 2018-2020
吉澤 弥生 文芸学部 文化政策の動向とアートプロジェクト現場の労働に関する社会学的研究 2018-2022
杉村 使乃 文芸学部 総力戦下の「制服美女」と戦後のキャリア形成の表象とその継続性の分析及び国際比較 2018-2020
谷田貝 雅典 文芸学部 視線一致裸眼立体映像通信・VR・AI等を活用した遠隔共同教育研究環境の実証研究 2019-2022
市山 陽子 国際学部 看護系大学院生の英語論文作成力向上を目指した教材開発と学習支援システム構築の検討 2018-2021
石井 久生 国際学部 グローバル化時代のバスク・ナショナリズムに関する政治地理学的研究 2019-2021
上田 美和 国際学部 価値転換期(1945~1955年)におけるリベラリズムの政治思想史的研究 2020-2024
菅原 峰子 看護学部 脳梗塞の急性期治療を受ける高齢患者のせん妄リスクアセスメントツールの開発 2016-2020
西田 志穗 看護学部 小児プライマリケアの視点にもとづく小児救急看護実践ガイドの開発 2018-2020
佐藤 美樹 看護学部 子育て期の家族エンパワメント尺度の開発と信頼性・妥当性の検討 2017-2020
岸田 泰子 看護学部 倫理的問題を含む高度生殖医療における看護教育およびケア指針の作成 2019-2022
山住 康恵 看護学部 看護師の働きがいと動機づけ要因に関する研究 2019-2021
中原 るり子 看護学部 巨大災害時における看護組織の危機管理体制の整備に関する基礎研究 2020-2023
東 利一 ビジネス学部 インタラクションを通じて変化する顧客とのリレーションシップ・マネジメントの解明 2017-2020
荒井 弘毅 ビジネス学部 建設業におけるイノベーション 2019-2022
中山 健 ビジネス学部 後継経営者の経営戦略と企業成長に関する研究 2019-2021
金城 敬太 ビジネス学部 倫理面を考慮した異質性下での因果推論による教育のマーケティング 2020-2022

若手研究 6件

研究代表者 所属 研究課題 研究期間
境 愛一郎 家政学部 保育環境としての通園バスの特質と機能に関する研究 2018-2020
奥 彩子 文芸学部 南スラヴの口承文芸と現代文学の関連に関する研究-イヴォ・アンドリッチを中心として 2017-2020
片上 絵梨子 文芸学部 アスリートの自己成長力を育むソーシャルサポート:「与える」から「育てる」支援へ 2019-2022
高野 麻衣子 国際学部 多数決型民主主義国家における妥協の政治-20世紀前半のカナダにおける連邦政治過程 2015-2020
Asada Sarah 国際学部 日本人米国留学生の知識外交への寄与―半世紀のライフヒストリー 2019-2022
清水 信輔 看護学部 中小企業で働く若年男性労働者の食生活リテラシー向上のための健康管理ツールの開発 2018-2020

研究活動スタート支援 2件

研究代表者 所属 研究課題 研究期間
福田 友秀 看護学部 看護師長役割をもつ専門看護師と集中治療医の協働がICU患者アウトカムに及ぼす影響 2019-2020
岡部 正義 国際学部 フィリピン農村部における「男子の教育不振」の教育経済学研究:実証的アプローチから 2020-2021

【共立女子短期大学】3件

基盤研究(C) 3件

研究代表者 所属 研究課題 研究期間
中島 早苗 文科 運動は終末糖化産物(AGEs)を低減させ抗糖化作用をもたらすか否か 2018-2020
一前 春子 文科 地方自治体主催の研修への参加が保幼小連携パートナーシップ形成に及ぼす影響 2019-2021
渡辺 明日香 生活科学科 持続可能な社会とファッションの存続を可能なものとするための流行現象の定量化 2020-2022