HOME

学部・短大・大学院/教育

文芸学部

文芸学部 助手について

文芸学部助手について

文芸学部では、教育・研究と学生生活をサポートするため、各コース(2020年度より各領域・専修)に助手が常駐しています。研究室業務のほか、学生の生活指導にもあたっており、最も身近で最も頼りになる存在です。学修に関すること以外でも、学生生活で迷ったり悩んだりしたときには、各助手室を訪ねてみてください。

1416室 助手室(日文・英文・仏文)

(日本語日本文学コース、英語英米文学コース、フランス語フランス文学コース/2020年度より言語・文学領域研究室)


日本語日本文学コース




14階の廊下では、日本語・日本文学に関する文学館の企画展や、学会などの案内ポスターを掲示しています。
興味のある方は是非ご覧ください。




英語英米文学コース





英語英米文学コースでは、「リーディング・マラソン」を実施しています。
詳しくは英文コース助手まで!




フランス語・フランス文学コース




フランスとフランス語圏の文学作品や映画DVDの貸出も行っています。




【助手室より】

たくさんの作品に触れ、文学・言葉について一緒に考えましょう!




1421室 助手室(劇芸・造形)

(劇芸術コース、造形芸術コース/2020年度より芸術領域研究室)


劇芸術コース

季節に合わせて入り口の飾りつけも行っています。




造形芸術コース

助手室からは東京タワーや富士山を臨むことが出来ます!




【助手室より】

舞台を観たり、美術館に行ったり、実は結構行動派!な2コースです。
皆さんのお越しをお待ちしております!




1418B室 助手室(文芸教養)

(文芸教養コース/2020年度より文化領域研究室)


文芸教養コース

【助手室より】

コースガイダンスの進行も助手が行っています。
ご用があれば1418B助手室へどうぞ。




1418A室 助手室(文芸メディア)

(文芸メディアコース/2020年度よりメディア領域研究室)


文芸メディアコース

【助手室より】

“メディア”と聞いて何を思い浮かべますか?
興味のある方は文芸メディアコースへ!