文科

Department of Language and Literature

文科学びの特色

01 基礎から学び、専門科目へ発展

1年次前期には学修計画の立て方や発表の方法など、学ぶうえでの基礎を修得。1年次後期から、より専門性を深めていきます。

02 専門性の高い共通科目で豊かな感性を磨く

「日本文学・表現コース」「英語コース」「心理学コース」の3つのコースをまたいだ共通科目として「カルチャー科目」を設けています。文化論やメディア論、ジェンダー論、歴史などを通して豊かな文化的教養を身につけ、感性を磨きます。

03 就職・編入に対するキャリアサポート

短大卒業後の方向を定めるために「キャリアサポート科目」を設置。就職活動や大学編入をサポートします。

キャリアデザイン演習

1年の後期に就職や編入に必要な知識、情報、スキルを学ぶ「キャリアデザイン演習」(必修)では、将来設計についての講義、編入試験対策、SPI対策、コミュニケーションや発信力を高めるためのグループワーキング等を行っています。

秘書実務を学ぶ

「秘書実務を学ぶ」は秘書検定試験対策に対応した授業ですが、それだけではなく、社会に出て働くために必要な心構えや知識なども学んでいく授業です。

04「開放科目」を生活科学科と合同で設置

社会や文化についてのテーマを主体的に選び、テーマを構成する両学科(生活科学科と文科)の専門科目、教養教育科目を受講することで、テーマについての問題意識を深め、考察していく力を養います。

文科と生活科学科の専門科目のうち、「開放科目」と指定された科目は互いに履修が可能です。視野を広く好奇心をふくらませて、沢山の知識・世界を自分のものにすることができます。