HOME

学部・短大・大学院/教育

大学院

共立女子大学大学院(博士課程)の人材養成目的・3つのポリシー

共立女子大学大学院(博士課程)の
人材養成目的・3つのポリシー

博士課程の人材養成目的

博士課程は、専攻分野について、研究者として自立して研究活動を行ない、高度に専門的な業務に従事するに必要な高度の研究能力およびその基礎となる豊かな学識を養い、社会に広く貢献する、自立した人材を育成することを目的とする。

博士課程の3つのポリシー

ディプロマポリシー

専攻分野について、研究者として自立して研究活動を行ない、基礎となる豊かな学識のもとに高度に専門的な業務に従事するに必要とされる研究能力を有し、社会に広く貢献できる、自立した人材としての知識・能力を身に付けている。

カリキュラムポリシー

博士課程は、体系的な教育の課程を編成し、コースワーク、論文作成指導、学位論文審査等の各段階が有機的なつながりを持って博士の学位授与へと導いていくよう、教育のプロセス管理を行う。 コースワークを通じて、例えば、研究企画書の作成等を含めた研究プロジェクトの企画・マネジメント能力や英語のプレゼンテーション能力の涵養に努めていく。

アドミッションポリシー

専攻分野について、研究者として自立して研究活動を行ない、高度に専門的な業務に従事するに必要な研究能力およびその基礎となる豊かな学識を養い、社会に広く貢献できる自立した人材となることに意欲を有している。