共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

看護学部

Faculty of Nursing

カリキュラム

様々な未来が広がる看護学教育

 講義や演習、実習を交えながら、体系的に看護学を学んでいきます。総合大学のなかにある看護学部として、医療系単科大学にない幅広い「教養教育科目」が用意されています。また、「専門基礎科目」「専門基幹科目」「専門展開科目」「看護研究」と順序立てて、専門的な知識を深めていくことができます。社会に貢献できる看護専門職者をめざすために幅広い教養と人間性を身につける教養教育と、看護師としての社会的・職業的自立を図るために必要な知識・能力を培う専門教育がバランスよく配されています。実習は高レベルの都内の医療機関や施設で行います。多様な施設で実習を経験することによって、医療環境について幅広い学修が可能になります。

履修モデル

卒業後の活躍フィールドを計画的に考えた、3つの履修モデルを紹介しております。豊富なカリキュラムから自身に合った将来をしっかりと考え、具体的なイメージをするための参考となります。

  • 臨床実践能力発展

    さまざまな領域・対象において専門知識・技術を用いて高度先進医療に対応できる看護実践能力の充実をめざします。一般病院の看護師や、救命救急センターの看護師をめざす人に適しています。

  • 地域・社会連携

    地域社会の特性やニーズを的確に把握し、地域・社会の求める看護に対応できる能力を育成します。チーム医療や企業の保健室の看護師、社会的活動に関心のある人に適しています。

  • 看護研鑽能力発展

    看護専門職として専門的な能力を発展させ、チーム医療の中でリーダーシップを発揮し、看護をマネジメントできる能力を身につけます。専門病院の看護師やチーム医療をめざす人に適しています。

多様な医療機関・施設で充実した臨地実習

 高度化・多様化する医療ニーズに応える実践的な看護技術を身につけるために、看護学部では臨地実習に力を入れます。臨地実習は1年次から4年次まで毎年実施され、4年次の後期には「看護学総合実習」も組み込まれています。実習施設は東京都内を中心に、三井記念病院をはじめとする医療機関、訪問看護ステーション、地域包括支援センター、介護保険施設、社会復帰施設、保育所などの協力と支援のもと、充実した実習体制を整備しています。

臨地実習前にOSCEを実施

 OSCE(客観的臨床能力技術試験)とは、Objective Structured Clinical Examinationの略で、多くの場合、臨床実習開始前の「見極め」(試験)として行われます。日本では1990年代から医学・歯学系で導入されており、看護学系でも近年注目を集めています。
 看護学部では、専門基幹科目「総合技術演習」として、3年次の臨地実習前に配置しています。看護援助技術に関する課題を模擬患者に対して実践することで、看護技術の実際の習得度を確認し、後期から始まる臨地実習にのぞみます。