共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

HOME

研究・社会貢献

公的研究費の適正使用への取組み

公的研究費の適正使用への取組み

研究費の適切な運営・管理に関する本学の対応と基本方針

共立女子大学および共立女子短期大学では、『研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)』(平成19年2月15日文部科学大臣決定)に基づき、学内の責任体制、規程の整備等を行い、公的研究費の不正使用防止に努めてきました。
さらに、平成26年2月18日付の同ガイドラインの改正を受けて、これまでの体制や学内の執行ルール等を検証した上で、体制および規程等の改正・整備を行い、本学における公的研究費の適正な運営・管理および不正防止に係る基本方針を下記の通り定めました。
本学では、公的研究費による研究はもとより、学内研究費および外部資金による共同研究・委託研究等においても、それぞれが国民の税金、学納金、企業・法人等からの負託等による貴重な源泉であることを念頭に置き、研究活動および研究費の運営・管理を行うよう、教職員の意識向上に努めています。
 今後も研究費の適正な運営・確保に取り組むとともに、本学の学術研究の成果を学生および社会に広く還元してゆく所存です。

共立女子大学
共立女子短期大学
学長 入江 和生

公的研究費の運営・管理に関する責任体制

「共立女子大学・共立女子短期大学における公的研究費の運営・管理に関する取扱規程」により、以下のように責任と権限を定めています。

<最高管理責任者> 学長

公的研究費の運営・管理について、最終責任を負う

<統括管理責任者> 事務局長

公的研究費の運営・管理について、本学全体を統括する実質的な責任と権限を持つ

<コンプライアンス推進責任者> 大学:学部長/短期大学:科長
事務局:人事課・財務課・管財課・図書課・教務課 統括課長

公的研究費の運営・管理について、各部局における実質的な責任と権限を持つ

公的研究費の適正な使用のための指針

研究活動行動規範を定めています。

以下のように不正防止計画を定めています。
(現在の不正防止計画は、研究倫理委員会の前身である研究不正防止委員会において定められました)

公的研究費の運営・管理に関する学内規程等

相談窓口

公的研究費に関する相談の受付窓口を設置しています。

<相談窓口> 教務課 研究支援プロジェクト

〒101-8437 東京都千代田区一ツ橋2-2-1
電話:03-3237-2439 FAX:03-3237-2737 メールアドレス:k-shien.gr@kyoritsu-wu.ac.jp

お問い合わせ・相談等は、上記窓口に電話・メール等でお願いします。

通報窓口

公的研究費に関する不正行為の告発・相談の通報窓口を設置しています。

取引先の皆さまへ

文部科学省「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」において、取引業者に対して不正な取引に関与しない旨を定めた誓約書等の提出が求められています。本学では、公的研究費の運営・管理に関する本学の基本方針をご理解いただいた上で、ルールの遵守にご協力いただくとともに、一定の取引実績のある場合に誓約書のご提出をお願いしています。

参考