共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

家政学部[児童学科] 家政学部[児童学科]

HOME

学部・短大・大学院

家政学部

児童学科

人材養成目的・3つのポリシー

人材養成目的・3つのポリシー

人材養成目的

家政学部児童学科の人材養成目的は、家政学部の人材養成目的に基づき、「関係的存在である児童について、主として乳幼児期・児童期を通して児童の健全な発達および自立支援、さらに児童をとりまく人的、物的環境への働きかけのために必要な専門的知識・実践力を身につけた女性を育成する」ことである。

3つのポリシー

ディプロマポリシー

  • 保育領域・教科に関する専門的知識を修得し、保育職・教職の役割と責任について理解している。(知識・理解)
    1. 子どもの発達に応じた保育・授業の構成や環境・教材・教具の工夫ができる。
    2. 個に応じた支援・指導を遂行することができる。(技能)
  • 保育現場・学校現場で生じている課題やニーズに対して適切な対応方法を考え、説明することができる。(思考・判断・表現)
  • 自己の保育・教育実践を省察し、自己の学習課題を明確化し実践と理論を結びつけながら自らの実践の向上をめざすことができる。子どもを尊重する態度と保育職・教職に対する使命感と責任感をもって適切な行動ができる。(関心・意欲・態度)

カリキュラムポリシー

児童の発達と生活を核とした幅広い専門的知識や技能を体系的に学ぶことができるカリキュラムを構成する。児童学関連専門科目を配した4つのカリキュラムの柱と、実践力を養う「フィールドワーク」から構成し、将来目指す方向を視野に入れて一人一人の学生の興味、関心に応じた学びを深めることができるよう、教育課程を編成する。

アドミッションポリシー

  • 入学後の学びに必要な基礎学力としての知識を有している。体育、音楽、造形に関して修学に必要な知識を有している。(知識・理解)
  • 入学後の学びに必要な基礎技能を有している。(技能)
  • 自分の考えを表現し、他者に伝えることができる。また、他者の考えを理解し、物事を多面的かつ論理的に考察することができる。(思考・判断・表現)
  • 保育・教育にかかわる諸問題に深い関心を持ち、主体的な学習への動機づけと社会に積極的に貢献する意欲と態度を有している。(関心・意欲・態度)