共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

家政学部[被服学科] 家政学部[被服学科]

造形デザインコース

このコースで学ぶこと

デザイン計画学Ⅱ

洋服や和服を作るための基礎的技術から応用、さらに衣服の機能性や着心地、伝統技術などについて学べます。また、アパレルデザインの発想方法や、商品企画の提案技術などについて実践を通して修得できます。
幅広い知識と技術、発想力、企画力を学ぶことで、造形デザインを必要とする産業で活躍できる人材、知識を教育分野で活かせる人材を育成します。

  • アパレル生産実習立体Ⅲ

  • 伝統染織技法実習(和裁Ⅲ)

様々な取り組み

卒業制作発表会(ファッションショー)

卒業制作作品発表会では、毎年100点に迫る力作が披露っされます。ワンピース、ウェディングドレス、小紋・附下といった着物、オリジナルデザインなど、テーマは多彩。ショーのモデルも学生が担当します。

学生メッセージ

“共立で学び、制作していく過程でもっと学び続けたいものに出会えた”

高校から服飾を学び、被服をより幅広く学べる共立を選びました。このコースでは、洋服や和服の制作は、先生が一人ひとり丁寧に教えてくれますし、針の持ち方からはじめますので、今まで制作したことのない方も安心してください。もともと洋服に興味がありましたが、和服を制作したことで、布を大切にする日本人の心に興味を持ち、考え方ががらっと変わりました。今後は世代を超えて受け継がれる和服文化を継承できるような女性を目指します。

H.I.さん

卒業生メッセージ

“大学院での研究と非常勤講師を両立する日々”

高校の頃に家庭科の教員になりたいと思い、好きな服飾を学びながら教職課程を履修できる共立を選びました。講義と実験実習、洋裁と和裁、それぞれバランスよく学べるのは魅力です。先生と学生の距離が近いので、何でも質問できる学びの環境もよかったです。現在は共立の大学院に進学し和服の着装の変還についての研究をしながら、非常勤講師として高校で家庭科を教えています。教員は生徒に教える立場ですが、私自身がずっと学び続けられる人でありたいと思っています。

2015年3月卒業
共立女子大学院/高校非常勤講師

コース一覧