共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

看護学部

Faculty of Nursing

学部長あいさつ

 共立女子大学は建学の精神として、人としての生き方の本質に関わる「教養」を身につけることと、「職業」に基づく社会的自立をめざすことをあげてきました。この2つのテーマは、看護学部の根幹を形作るものでもあります。看護の心につながる教養教育としては、伝統ある女子大学ならではの、全国の看護教育施設の中でも屈指といえる多彩なラインナップが提示されています。

 看護学の講義・演習・実習は、現代の医療の進歩と国際化を踏まえた最新のカリキュラムとなっています。充実した看護領域別の講義に加え、演習では各種のマネキンを用いたシミュレーション演習や患者さんに患者体験を語っていただき、患者理解を深め看護に活かす教育を行っています。卒業後の進路や研究の方向性を視野に入れた、選択制の専門展開科目を多数準備しました。これにより看護教育に特化した効果的で魅力あふれる教育を可能にしています。

 実習は三井記念病院をはじめとする、高レベルの都内の病院や大学病院で行います。多数の実習病院で実習を経験することによって、医療環境について幅広い理解ができます。また、多様性の理解のみならず、多くの指導者に接し、就職に関する示唆を得ることもでき、100%の就職率をより中身の濃いものにします。

 都心にある最高の環境のキャンパスと、このような最新の充実したカリキュラムが、共立女子大学看護学部の魅力といえます。

看護学部 学部長
日下 和代