共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

大学院 家政学研究科

食物学専攻

博士前期課程:2年

食品学、調理学、栄養学、栄養生理学など、食物・栄養学分野の基本的科目の講義や演習を通じて、学問的基礎の充実をはかる一方、指導教員のもとで行う特別研究を通じて、先端的な知識や技術を吸収し、研究の進め方、研究に対する考え方などを身につけることができます。最近の研究テーマをあげると、食品のアレルギー、海藻類の呈味成分、食品物性と咀嚼・嚥下、抗酸化活性を有する食品微量成分の栄養生化学、病態モデルにおける糖代謝など幅広い分野で研究が行われています。

研究分野

  • 栄養学
    栄養と健康に関わる食品微量成分の代謝動態や、生体成分との関連性などを栄養生化学的に考究し、栄養と健康に関する広い知識や技能、およびその応用力を有する人材養成を目的とする。
  • 栄養生理学
    食事と健康、生活習慣病やアレルギーなどの発生・予防・治療との関係を系統的に学習・研究し、栄養と健康に関する高度な知識や技能、およびその応用力を有する人材養成を目的とする。
  • 食品学
    食品の栄養・嗜好・生理機能・安全性などに関する研究、食品の加工・保蔵・バイオテクノロジーなどの食品関連技術、食品の物性などについて考究し、その応用力を有する人材養成を目的とする。
  • 調理学
    調理素材としての食品の性質、調理過程における食品の成分・物性の変化を、調理操作や食品の組織構造などの面から考究し、その応用力を有する人材育成を目的とする。

学生メッセージ

スポーツを楽しむ人への栄養指導に活かせる研究を

Y.Y.さん 食物学専攻1年

自分自身が競歩選手ということもあり、スポーツ栄養に強い関心があります。1年次は市民ランナーの身体活動量と栄養素摂取量の関係について調べ、市民ランナーにどんな栄養素が不足しているかを明らかにしました。今後は多くの人が利用しているアミノ酸サプリメントの効果を調べるため、呼気分析機を用いてアミノ酸摂取時と非摂取時でどれくらいエネルギー代謝に差があるかを調べてみるつもりです。将来はこれらの知見を、スポーツを楽しむ人々への有益な指導に活かしたいと思っています。

教員メッセージ

食物学専攻主任(生物学研究室)
教授 農学博士 川上 浩

生物学研究室では、食品の機能性と安全性に関する研究を進めています。食品成分が保有する生体機能調節作用(免疫調節・アレルギー抑制・感染予防・骨代謝改善・メタボリックシンドローム予防など)を研究課題とし、生理活性成分の構造解析や作用メカニズムの解明などを目指しています。こうした研究を進める中で、食品生化学や栄養生理学に関する専門知識を身に付けることができます。