共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

HOME

学部・短大・大学院

人材養成目的・ポリシー

人材養成目的・ポリシー

人材養成目的

 教養教育の人材養成目的は、本学の建学の精神および共立女子大学・共立女子短期大学の人材養成目的に基づき、「ひとりの女性・ひとりの人間として日々の生活を豊かに充実して生き、主体的に社会に参加して責任ある役割を果たすために必要な、基本的な知識や技能、幅広く深い教養、総合的な判断力、そして豊かな人間性を有する女性を育成する」ことである。

教育目標

  • 大学生活を送る上で必要な学修技能を育成する。
  • 大学生活・社会生活を送る上で身に付けておくべき基本的な表現力と、情報活用能力等を育成する。
  • 専門分野の枠を超えて共通に求められる知識と技能の伝達により、知的好奇心を喚起し、豊かな人間性や柔軟な思考を育成する。
  • 将来、知的・文化的な日常生活を創造できるような知識・技能を育成する。
  • 現代社会における諸課題に自らの使命・役割・責任を関連付け、適切に対処できる知識と能力を育成する。
  • 専攻する学問の理解を助け、関連する諸分野への幅広い視点を得るための知識と技能を育成する。

カリキュラムポリシー

教養教育科目において、教育目標に定める知識、技能などを学生に修得させるために必要な授業科目を配置し、専門分野にかかわりなく社会に広く貢献する自立した人材として共通に求められる基本的な能力を育成するとともに、専門分野の枠を超えた幅広い教養を身に付けられるように教育課程を編成する。教育課程の編成及び授業実施にあたっての、教育内容、教育方法、学修成果の評価のあり方についての方針を次の通り定める。

教育内容

  • 大学生活・社会生活を送る上で必要な学修技能を育成する。
  • 大学生活・社会生活を送る上で身に付けておくべき基本的な表現力、情報活用能力および健康な日常生活を送るための知識・技能を育成する。
  • 専攻分野の枠を超えて共通に求められる知識と技能の伝達により、知的好奇心を喚起し、豊かな人間性や柔軟な思考を育成する。
  • 将来、知的・文化的な日常生活を創造できるような知識・技能を育成する。
  • 現代社会における諸課題に自らの使命・役割・責任を関連付け、適切に対処できる知識と能力を育成する。
  • 専攻する学問の理解を助け、関連する諸分野への幅広い視点を得るための知識・技能を育成する。

教育方法

  • 教育内容の実施にあたっては、その内容に相応しい適切な授業形態を用い、必要に応じてアクティブ・ラーニングの手法を適切に取り入れる。
  • 授業開始後の学修の指針として機能する適切なシラバスを作成し、授業計画に基づいて適切に指導を行う。

学修成果の評価

  • 各授業科目の到達目標に応じて、求める到達水準を明確化して、その到達状況を適切に評価する。
  • 各授業科目の学修成果の最終的な評価は試験により行う。また、授業科目の内容に応じて、日常的な課題、小テスト、レポート、意欲・態度等を適切に評価する。