共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

看護学部

Faculty of Nursing

HOME

学部・短大・大学院

看護学部

人材養成目的・3つのポリシー

人材養成目的・3つのポリシー

人材養成目的

看護学部の人材養成目的は、本学の建学の精神および共立女子大学の人材養成目的に基づき「幅広い教養を基盤とした豊かな人間性を養い、看護専門職として必要とされる知識・技術・態度に基づいた看護実践能力を修得するとともに、将来にわたり看護の向上に資するための研鑚能力を養い、人々の健康の保持増進に寄与することにより、自ら自己の将来を切り開き、自律的に社会に参画・貢献しうる女性を育成する。」ことである。

人材養成像

  1. 社会に広く貢献する自立した女性として必要な、幅広く深い教養、総合的な判断力及び誠実で豊かな人間性を涵養する。
  2. 人間の尊厳と権利を擁護する能力、高い倫理観を基盤としたヒューマンケア態度を育成する。
  3. 科学的根拠に基づき、看護を計画的かつ安全に実践する能力を育成する。
  4. 個人や家族の健康レベルや生活、地域の特性と健康課題を査定し、より質の高い看護を実践できる能力を育成する。
  5. ケア対象のあらゆる発達段階、健康状態、心理状態に対応して援助できる能力を育成する。
  6. 保健医療福祉チームと関係性を密にし、連携・協働して社会的ニーズや状況に対応した看護を提供できる能力を育成する。
  7. 看護専門職としての役割を果たし、社会に貢献していくために、将来にわたり自己研鑽を継続し、看護実践のための専門性を発展させる能力を育成する。

3つのポリシー

ディプロマポリシー

  • 看護の対象を包括的に捉えるための幅広く深い教養と専門的知識を身に付けている。
    • 科学的根拠に基づき、看護を計画的かつ安全に実践するための理論的知識を身につけている。(知識・理解)
  • 看護の対象となる人々と適切な援助的コミュニケーションをとることができる。
    • 個人や家族の健康レベルや生活、地域の特性と健康課題を査定し、より質の高い看護を実践できる能力を身に付けている。
    • ケア対象のあらゆる発達段階、健康状態、心理状態に対応して援助できる能力を身に付けている。
    • 保健医療福祉チームと関係性を密にし、連携・協働して社会的ニーズや状況に対応した看護を提供できる能力を身に付けている。(技能)
  • 客観的思考を活用した判断と意思決定によって、根拠に基づいた看護を提供することができる。
    • 最新の知識・技術を用いて、必要とされる看護を判断し、計画的に実践することができる。
    • 看護の対象となる人々の健康レベルを成長発達に応じて査定し、身体状態との関係を説明することができる。(思考・判断・表現)
  • 人間の尊厳と権利を擁護する能力、高い倫理観を基盤としたヒューマンケア態度を有する。
    • 看護専門職としての役割を果たし、社会に貢献していくために、将来にわたり自己研鑽を継続し、看護実践のための専門性を発展させる意欲を有する。(関心・意欲・態度)

カリキュラムポリシー

ケア対象者について理解し、その対象に応じた健康課題を適切に査定し、健康生活を支えるために必要な基礎から応用までの援助の理論と実践力、及び看護実践のための専門性を発展させる能力を育成することを目的とし、教育課程を編成する。

アドミッションポリシー

  • 高等学校までの学習が十分に身についている。特に日常的な学習が十分に行われていることが望ましい教科・科目:国語、英語専門科目を学ぶために必要となる教科・科目 : 化学、生物専門科目を学ぶために参考となる教科・科目 : 数学、物理。(知識・理解)
  • どのような職業においても共通に求められる汎用的能力(コミュニケーションスキル、数量的スキル、情報リテラシー)の基礎となる力を身に付けている。
    • 将来の進路を決定するために必要な「勤労観・職業観」、労働者としての権利・義務の理解など社会的・職業的自立の上での基礎的・基本的な技能を身に付けている。(技能)
  • 基礎的・基本的な知識・技能を活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力を身に付けている。(思考・判断・表現)
  • 自ら課題を探求する意欲や行動力を備え、生涯にわたり自己の資質向上に努める主体的な姿勢を持つことを求める。
    • 看護専門職として社会に貢献するために、相手の立場に立ち、他者の権利を尊重し行動できる、協調性に富み積極的に医療チームに関わることができる、保健医療の分野において、地域貢献に関心を持っている人材を求める。(関心・意欲・態度)