HOME

学部・短大・大学院/教育

共立女子大学大学院3つのポリシー アセスメントプラン

共立女子大学大学院3つのポリシー アセスメントプラン

 共立女子大学大学院は、学生の学修成果の可視化を通して、3つのポリシーや学生の達成状況を点検・評価し、本学の教育活動の改善に活用するために、以下の通りアセスメントプランを定めます。

1.ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)の評価

 ディプロマ・ポリシーに掲げる資質・能力の達成状況を以下の項目を用いて評価します。評価をするにあたっては、ディプロマ・ポリシーの策定単位で集計し、大学院全体レベル、学位プログラムレベルの評価に活用します。評価結果に応じて教育課程の変更等を行います。

(1)ディプロマ・ポリシーの成績連動及び自己評価

 成績連動は、半期に一度、カリキュラム・マップと成績評価を連動させて、ディプロマ・ポリシーで定めた各観点がどの程度伸長しているのかを可視化します。自己評価は、修了時に、ディプロマ・ポリシーで定めた各観点に対する自己評価を行います。成績連動では各観点の伸長度を、自己評価では各観点の回答件数を評価に活用します。

(2)学位論文の学位論文審査基準およびルーブリックに基づく評価

 学位論文の評価は、学位論文審査基準とそれに基づくルーブリックを活用します。学位論文審査基準の項目ごとに評価するとともに、学位論文審査基準に基づくルーブリックで到達目標や評価基準を可視化し、学位論文の成果を評価します。

(3)主要科目の成績評価

 各主要科目(主に必修科目)では、シラバスに記載している評価の方法と配分により成績評価を行います。評価は科目の内容や授業方法に合わせて多元的に行います。主要科目の成績評価の集計結果を評価に活用します。

(4)各科目の成績評価

 各科目では、シラバスに記載している評価の方法と配分により成績評価を行います。評価は科目の内容や授業方法に合わせて多元的に行い、各科目の成績評価の集計結果を評価に活用します。

2.カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・ 実施の方針)の評価

 ディプロマ・ポリシーに掲げる資質・能力を養成するためのカリキュラム・ポリシーに掲げる方針に基づいて行われる教育活動について、次の方法により評価を行います。評価はカリキュラム・ポリシーの策定単位や授業単位で集計し、大学院全体レベル、学位プログラムレベル、授業レベルの評価に活用します。
 評価結果に応じて、各ポリシーの見直しや教育課程の変更、学修支援の見直し、シラバスの見直し、カリキュラム・マップ、カリキュラム・ツリー、履修系統図、ナンバリング、履修モデルの見直し、等を行います。

(1)授業評価アンケートによる評価

 各授業に対する学生からのアンケートについて、学生は各科目の到達目標に対する達成度や満足度、各授業の工夫等について評価します。アンケートは各学期単位で行います。

(2)学修状況による評価

 各学生の学修状況(退学状況、休学状況、留年状況、満足度)について評価します。

(3)学位論文の中間報告実施状況および提出状況による評価

 学位論文の中間報告実施状況および提出状況から、それまでに至る教育課程や学修支援について評価します。

(4)進路状況、修了生調査による評価

 進路状況(就職率、就職先、進学率、満足度、等)、修了生調査の結果を社会からの評価として活用します。

3.アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)の評価

 アドミッション・ポリシーに基づいて行われる入学者選抜の適切性を評価します。評価は、入試結果、学修行動調査結果、主要科目の成績評価、退学状況等を用いて、入学者選抜方法の種類別集計や経年変化により行います。評価結果に応じて、入学者選抜方法の改善を行います。