共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

大学院 家政学研究科

建築・デザイン専攻

博士前期課程:2年

生活者の視点から「建築」と「デザイン」の有機的関係を幅広く涵養しながら「より高度な知識」と「より高度な総合化能力」を養うために、実社会に役立つ実践的な教育、研究を行います。空間からそれを構成するもの、環境までと広範囲にわたる講義・演習により、「建築」と「デザイン」の融合を図り、明日を生きていく生活基盤を支える「高度な知識」を養います。指導教員のもとで行う特別研究により、人の生活の中で「ひと」・「もの」・「空間」・「こと」の有機的な関係性を理解し、明日の創造性豊かな生活を具体的に提案できる「高度な総合化能力」を養います。専門選択科目として一級建築士の受験資格を考慮した「インターンシップ制度」を設けています。

建築研究分野

建築形態論、構造デザイン、建築空間計画、環境デザイン、都市景観デザイン、住生活史、住生活デザイン
※インターシップ

デザイン研究分野

プロダクトデザイン、伝達デザイン、パブリックデザイン、マーケティング

学生メッセージ

コミュニケーションの視点から住まいの居心地を研究

I.A.さん 建築・デザイン専攻2年

住居における“居心地”を住民同士のコミュニケーションという観点から研究しています。私がこのテーマに取り組むきっかけになったのは東日本大震災です。災害時に助け合うためには昔の住居にあったような土間や縁側といった、外部と内部をつなぐ挨拶できる空間が重要だと考えました。現在はそうした住民同士のコミュニケーションを生み出す試みを取り入れている建築事例を収集し、キーワードで分類してモデル化を進めています。