共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

大学院 看護学研究科

人材養成目的・教育目標

人材養成目的

広い視野に立って精深な学識を身に付け、高度化・複雑化する健康課題に対して展開される看護実践を科学的に検証し、支援技術の向上と新たな支援方法の開発に貢献できる研究能力・看護実践能力を有する人材を養成する。

教育目標

  1. 看護学及び看護実践に関連する分野の理論と最新の知見を活用することのできる論理的思考力を育成する。
  2. 看護実践上の課題を見出し、研究を計画・実施し、課題解決のための方略を提案することのできる能力を育成する。
  3. 高度なアセスメント能力と対人支援能力を基盤とした、看護実践の質の向上を牽引する能力を育成する。
  4. 保健医療福祉の政策・制度、組織及びシステムに働きかけ、療養生活並びに健康生活を支える環境を改善する能力を育成する
  5. ケアの対象者並びに多職種の持つ多様な価値観や背景を理解し、研究及び実践における連携・協働を推進する能力を育成する。