共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

大学院 看護学研究科

HOME

学部・短大・大学院

療養生活支援看護学領域

療養生活支援看護学領域

【特徴】

病状の回復・安定と療養生活の質向上を支援する看護実践上の課題を見出すために必要な研究能力・看護実践能力の獲得を目指します。

【分野の構成】

看護管理学・小児看護学・成人看護学・老年看護学

【特別研究指導教員からのメッセージ】

中原 るり子(看護管理学)

療養生活の質向上を目指す看護管理に関連したテーマのうち人材育成、安全管理、組織文化の醸成、組織倫理などの研究テーマを中心に、研究課題の明確化、質的・量的研究法を用いた研究計画の作成と実施過程において一連の研究指導を行います。

津波古 澄子(小児看護学)

子どもと家族の発達・健康・生活に関するテーマ、特に小児期・思春期のレジリエンス、慢性疾患をもつ小児と家族の適応対処過程とケアリングを中心に、研究課題の明確化、量的・質的研究方法による研究計画立案から成果の公表に至る一連の研究指導を行います。志を高くめざす方、一緒に学びあいましょう。

中村 美知子(成人看護学)

慢性・急性疾患患者の回復過程における生活管理に関する諸問題を分析し、患者の生活管理能力向上のための専門的援助技術の提供、専門的指導技術の開発、支援体制づくりなどを検討し、臨床看護の質改善に向けた研究を実施し、その成果を修士論文にまとめます。

北川 公子(老年看護学)

認知症ケア、高齢者の終末期ケア、特別養護老人ホームやグループホームにおける日常生活援助や転倒等の事故防止に関するテーマについて、研究課題の明確化、研究計画立案、研究倫理審査、データ収集、分析、考察、論文執筆、プレゼンテーションに至る一連のプロセスを指導します。
病院や高齢者施設等で老年看護実践に携わる方々はじめ、老年看護に関心をもつ新卒者の応募も歓迎します。