共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

家政学部[食物栄養学科] 家政学部[食物栄養学科]

HOME

学部・短大・大学院

家政学部

食物栄養学科

食物学専攻:人材養成目的・3つのポリシー

人材養成目的・3つのポリシー

人材養成目的

 家政学部食物栄養学科食物学専攻の人材養成目的は、家政学部の人材養成目的に基づき、「本専攻で学ぶ全ての学生に対して社会に通用する広い教養を十分に涵養せしめたうえで、現代の多様な食生活の中にあっても多くの人々がより一層の健康な社会生活が営めることをめざし、食の安全性はもとより、栄養の素材としての食物、並びに食物と健康に関する幅広い知識とその実践的能力を身につけた女性を育成する」ことである。

3つのポリシー

ディプロマポリシー

  • 食品の種類・機能・成分・性状、食品の調理・加工・保蔵に関する基礎的な知識を有し、食文化について、その歴史・地域性・伝統・諸課題などについて理解している。(知識・理解)
    1. 化学分析や食品分析についての基礎的な技能を有している。
    2. 食品の調理・加工・保蔵についての基礎的な技能を有している。(技能)
  • 食品の生育・生産から、加工・調理を経て、人に摂取されるまでの過程についての知識を有し、人体に対しての栄養面や安全面等への影響や評価について適切に判断できる。(思考・判断・表現)
  • 企業における食品開発のほか一般社会生活等において、食物・栄養と健康に関する提案を、他者と協力して導き出すことができる。また、食の専門的リーダーとして、他者に働きかけ、食物・栄養と健康に関する提案を導き出すことができる。(関心・意欲・態度)

カリキュラムポリシー

食物学専攻においては、調理学や食品学、栄養学など自然科学分野を中心に学びながら、実験・実習を通して、その理論や技術を実践的に活用できる力の修得を目指す。また、現代の食文化や食料経済など、実際の社会の動向を確認できる授業科目を開設するとともに、学問としてだけの食物学ではなく、「食の専門家」として実際のフードビジネスにおいても活躍できる能力を身につけることができるよう、教育課程を編成する。

アドミッションポリシー

  • 入学後の学びに必要な基礎学力としての知識を有しているとともに、考えを適確に表現できる語学力を身につけている。また、食物と栄養、食文化について学ぶために必要な高等学校卒業相当の知識を有している。(知識・理解)
  • 入学後、食物栄養学科食物学専攻で学ぶために必要な高等学校で身につけるべき基礎技能を有している。(技能)
  • 食物栄養学科食物学専攻で学ぶにあたり、自分の考えを表現し、他者に伝えることができる。また、他者の考えを理解し、物事を多面的かつ論理的に考察することができる。(思考・判断・表現)
  • 食物と人の健康に関わる諸問題に深い関心があり、主体・積極的に発言し、社会に貢献する意欲がある。(関心・意欲・態度)