共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

家政学部[被服学科] 家政学部[被服学科]

HOME

学部・短大・大学院

家政学部

被服学科

人材養成目的・3つのポリシー

人材養成目的・3つのポリシー

人材養成目的

 家政学部被服学科の人材養成目的は、家政学部の人材養成目的に基づき、「被服学を理論と実践の両面から学ぶことにより、高い専門性を有すると共に、伝統に培われた教育理念を踏まえながら知性と情操とを備え、新しい時代の流れに即応して広く社会的に活動ができる女性を育成する」ことである。

3つのポリシー

ディプロマポリシー

  • 被服学領域全般にわたり、基礎的な知識を有し、基本的概念を理解している。また、選択・志向した専門分野については、深い知識を有し、発展的研究や社会活動への応用ができる。(知識・理解)
  • 被服学領域における各専門分野での研鑽により、下記に示した技能を2つ以上複合して身につけている。
    1. 衣服を具体的に創造するための技能(造形・デザイン等)
    2. 繊維・衣服に関わる仮説を検証するための技能(実験・調査・分析等)
    3. 衣服を管理・修復するための技能(技能)
  • 被服学領域で修得した知識と技能を基に、日常生活及び職務や研究における諸課題について、対処すべき判断力と実行力を身につけている。(思考・判断・表現)
  • 被服学科における研鑽を通して、常に知的好奇心を保持し、主体的かつ誠実に真実を探求する態度を身につけている。(関心・意欲・態度)

カリキュラムポリシー

被服学科においては、1・2年次おいて、被服に関する基幹的・基礎的な知識を全ての領域にわたって学んだうえで、3年次からアパレル情報コース・染織文化財コース・造形デザインコースのいずれかに所属し、さらに深く専門領域を学ぶ。授業では実習や市場調査も取り入れ、単なる知識の詰め込みではなく広い視野を養うよう、教育課程を編成する。

アドミッションポリシー

  • 被服学を学ぶにあたり、その基礎となる高等学校卒業相当の知識を有している。また、入学後、自らが学んでいく分野について、必要となる知識の概略を理解している。(知識・理解)
  • 入学後、被服学の各分野で実験や実習等を通じて専門的な技能を発展させていく必要があり、これを可能とするための基本的な技能を有している。(技能)
  • 被服学を学ぶにあたり、物事を多面的かつ論理的に考察することが出来る。また、自らの考えや感じたことを表現する基本的な能力を有している。(思考・判断・表現)
  • 被服学の領域に強い関心を持ち、自主的に学ぼうとする意欲と誠実に探究していく態度を有している。(関心・意欲・態度)