共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

国際学部

Faculty of International Studies

HOME

学部・短大・大学院

国際学部

人材養成目的・3つのポリシー

人材養成目的・3つのポリシー

人材養成目的

 国際学部の人材養成目的は、本学の建学の精神および共立女子大学の人材養成目的に基づき、「国際的な政治・社会の仕組みや国際文化について理解し、国際文化交流・社会活動の方法を身につけ、比較の視点や異文化への豊かな感性をそなえて、国際的な関係を有する内外の場で活躍できる人材を育成する」ことである。

3つのポリシー

ディプロマポリシー

  • 国際的な政治・経済・社会の仕組みと国際文化について理解する。国際交流の現場において必須な諸文化について知っている。様々な学問を融合・横断した学際的な知識を有している。(知識・理解)
  • 国際文化交流・社会活動の方法を身につける。異文化コミュニケーションを可能にする実践的言語能力や情報スキルを身につけている。国際的な関係を有する内外の場で活躍できる。(技能)
  • 比較の視点や異文化への豊かな感性を身につけ、多様な価値観を身につけている。国際交流の現場における社会科学・人文科学の裏付けを伴う的確な判断力や感性を身につけている。(思考・判断・表現)
  • 現代の社会について問題意識を持つ。インターンシップや海外研究旅行、第一線で活躍している方による講演会などを通じて実社会と触れ合う中で、目的意識や実践的能力を高める意欲を有する。(関心・意欲・態度)

カリキュラムポリシー

世界を社会と文化の両側面から理解し、国際社会のさまざまな場で活躍できる人材を育てることを目標として、人文科学系と社会科学系の科目群の中から幅広く選択できるように、「専攻プログラム」を設定しつつ教育課程を編成する。

アドミッションポリシー

  • 高等学校で履修する国語、地理歴史、公民、数学、外国語などについて、内容を理解し、入学後の修学に必要な基礎学力として高等学校卒業相当の知識を有している。(知識・理解)
  • 豊かな日本語能力を備え、外国語の基礎的能力を有している。(技能)
  • 多様な文化への理解力、コミュニケーション能力、論理的思考力、社会の仕組みに対する洞察力、を養うための基礎を身に付けている。(思考・判断・表現)
  • 国際的な政治・経済・社会の仕組みや国際文化について関心を持ち、学んだことを将来のキャリアや社会活動に活かそうという意欲に溢れている。(関心・意欲・態度)