学校法人 共立女子学園

募金のお願い 募金のお願い

HOME

募金のお願い

募金のお願い

募金のお願い

共立女子学園サポーターズ募金
~伝統を受け継ぎ、これからの共立をサポート~

 「共立女子学園サポーターズ募金」は、共立女子学園の教育研究活動の推進のためにご寄付をいただいた方に、「サポーター」として応援いただく募金制度です。

学校法人共立女子学園 理事長 にし﨑清久

 共立女子学園は明治19(1886)年に「女性の社会的地位の向上のため、自活の能力の習得と自立した女性としての必要な教養の習得」を目的として創立されました。この「女性の自立と自活」という建学の精神は、「誠実・勤勉・友愛」という校訓とともに、明治、大正、昭和、平成の時代を通して、時勢の推移に対応しつつ連綿と現在に引き継がれています。

 今、社会の様々な場面では、新しい知識・技術・情報を身につけ、時代に対応する力、未来を切り開く力のある人材が求められています。そうした状況を背景に、女子高等教育に対する期待が高まり、女性の社会進出の重要性が増しています。

 本学園はこのような時代の中、伝統と実績をふまえつつ、幼稚園から大学院までの各校において、社会に広く貢献できる自立した人材を育成するための教育を行い、成果を上げています。特に近年では、教育の質を保証すること、学生生徒等の学習成果の達成と充実した学園生活の実現を支援すること、多くのステークホルダーとのコミュニケーションの充実をはかり社会の要請や課題などに柔軟に応えていくことについて、全教職員が総力を挙げて取り組んでいます。

 長い伝統で多くの女性を育んできた本学園は平成28年(2016年)には創立130周年を迎えます。この伝統を引き継ぎ、本学園の教育目的を達成するためには、多くの方々からのご支援ご協力により、学園としての財政基盤の安定が必要になります。つきましては、共立女子学園のさらなる充実・発展のためにご理解とご協力をお願い申しあげます。

各種募金概要

この募金は教育研究活動をより活発に推進することを目的としています。教育研究活動の進展に伴い必要な教育環境の整備や、教育研究活動への支援、国際交流、奨学事業など、学生のための積極的な教育活動支援資金として活用されます。何とぞ、ご理解とご協力をよろしくお願い申しあげます。

  教育研究振興資金 奨学資金
募金の種類 教育研究活動の進展に伴い、必要な施設・設備等教育研究環境の整備や学部学科の充実と教育実施面での教育研究活動の支援を行います。 経済的な事由や自然災害で学業継続が困難になった学生への支援、本学を第一志望としながら経済的な理由のために入学が困難な受験生への支援、他の学生の模範となる優秀な学生への支援、国際化時代にグローバルな視野を持った人材育成のための海外派遣、および受入れ外国人留学生の支援を行います。
募金目標額 1億円 5千万円
寄付金額 1口:1万円(ただし、金額にかかわらずお受けいたします。)
受付期間 平成27年9月1日~平成32年8月31日

※奨学資金の高額寄付はご希望により出資者のご芳名を冠した「冠奨学金」とさせていただくこともできます。
※遺贈による寄付もお受けいたします。
詳細につきましては共立女子学園募金事務室までお問い合わせください。

お問い合わせ先

〒101−8437  東京都千代田区一ツ橋2−2−1
学校法人共立女子学園 募金事務室
TEL 03−3237−2816
受付時間 9:30~16:30(月曜~金曜)