学校法人 共立女子学園

学園長 ご挨拶 学園長 ご挨拶

HOME

学園長・理事長 ご挨拶

 共立女子学園は、明治19年(1886年)3月、近代女性の自立と社会的地位の向上を目指し、34人の先覚者が共同発起人となって設立されました。その後、明治、大正、昭和、平成と時代の変遷に対応しつつ、今日まで130年以上「女性の自立と自活」という建学の精神に基づいて女子教育の歴史と伝統を築いてきました。
 現在、大学院と家政学部、文芸学部、国際学部、看護学部の4学部を置く共立女子大学及び生活科学科、文科の2学科を置く共立女子短期大学並びに共立女子中学・高等学校と共立女子第二中学・高等学校、さらに共立大日坂幼稚園の5つの学校を設置し、学生・生徒・幼児数約8千人、これまでの卒業生は18万人を超える女子教育の総合教育機関として発展を続けています。

 今日、グローバル化や情報化が進み、科学技術の飛躍的な発展とともに世界的な規模で急激な社会的変化が進んでいます。一方、我が国では少子高齢化や産業構造の変化に伴い、働き方改革や地方創生、男女共同参画社会、共生社会の実現などの新たな社会的な課題にも直面しています。
 本学園では、このような変化に対応して自立し、自活して社会で活躍することができる女性を育てるために、建学の精神に基づいて各学校の教育研究の一層の充実と学園の長期的な経営基盤の確立を図るために「第二期中期計画(2018年度~ 2022年度)」を策定しました。本計画は、各設置校の教育のビジョンを明確にし、それを達成するための目標と客観的な評価指標を設定するとともに意思決定の迅速化と責任体制の明確化を図りました。実施に当たっては進捗状況を毎年点検・評価し、着実に推進します。

 大学・短期大学では、社会の変化に対応しつつ職業や実際生活に必要な知識・能力と幅広い教養を培い、社会に貢献できる女性の育成を目指していますが、新しい社会的な課題に応えて幅広いビジネスの分野で活躍できる人材を育成するため、2020年度からビジネス学部(仮称)を開設する予定で準備を進めています(設置構想中)。また、大学・短期大学ビジョン(「KWUビジョン」)のもと、ガバナンス体制の確立を図り、教育の質保証を目指してカリキュラム改革や入試改革など教学改革を推進します。教育環境の整備については、平成15年(2003年)に15階建ての本館を建設しましたが、平成28年(2016年)には学園創立130年記念事業として、図書館、ラーニング・コモンズ、最新の情報教育施設を備えた講義室・演習室など学生が主体的に学ぶ交流拠点として地上8階建ての新2号館が完成し、歴史と伝統ある共立講堂も大改修を行いました。今後ともさらに充実した教育研究環境を整備するため、新学部設置のための4号館の改修整備、IT機器の整備充実を行うとともに神田一橋キャンパスの長期的な整備のためのグランドデザインを策定します。

 中学校・高等学校においては中高一貫教育により、各学校のビジョンのもと「誠実・勤勉・友愛」の校訓を実践し、周囲と協調しながら個性を発揮し、自立して社会に貢献できる女性として成長できるよう学力の向上を図り、しっかりとその進路を保障していきます。また、IT機器等の教育環境の整備充実に努めるとともに、英語教育の改革、国際交流の推進、2020年の高大接続改革・新大学入試制度への対応を適切に行っていきます。

 共立大日坂幼稚園においては、自然との触れ合いを大切にし、園児たちが夢中になって伸び伸びと育つことができるよう遊具や保育環境を整備し、安全管理に万全を期しておりますが、大日坂幼稚園ビジョンのもと新教育要領に沿って園児一人ひとりの特性を伸ばし「生きていく力」を育んでいきます。

 本学園は、これからも「女性の自立と自活」の建学の精神に基づき、創立130年の歴史と伝統を受け継ぎ、教育研究のさらなる発展のために教職員一体となって全力を挙げて努力してまいります。


  ※ビジネス学部の設置は、2019年3月に文部科学省へ設置認可申請を行う予定であり、変更があり得ます。

平成29年度4月のメッセージ

学園長・理事長
御手洗 康