共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

生活科学科

Department of The Science of Living

HOME

学部・短大・大学院

生活科学科

人材養成目的・3つのポリシー

人材養成目的・3つのポリシー

人材養成目的

生活科学科の人材養成目的は、本学の建学の精神および共立女子短期大学の人材養成目的に基づき、「学生自身の積極的な学習意欲を引き出し、社会において自立した人間として活躍するために、生活に関する実践的な知識・技能を身につけ、家庭および社会において、生活者としてそれらを活用する能力を養い、豊かな教養に基づき、思いやりのある誠実で協調性に富んだ女性を育成する」ことである。

3つのポリシー

ディプロマポリシー

  • 社会に広く貢献する自立した女性として求められる幅広い教養と、生活科学に関するメディア、デザイン、食、情報、環境等の分野における知識・能力を身につけている。(知識・理解)
  • 家庭および社会において、生活者として知識を活用するために必要な、メディア、デザイン、食、情報、環境、コミュニケーション等に関する能力を身につけている。(技能)
  • 実社会における諸課題について、問題の本質を見抜く洞察力と判断力を身につけている。(思考・判断・表現)
  • 積極的な学修意欲を持ち、思いやりのある誠実で協調性に富んだ人間性を身につけている。(関心・意欲・態度)

カリキュラムポリシー

生活科学の基礎知識を学ぶとともに、所属コースの学問的方法を体系的に学ぶことを通して、問題の本質を見抜く洞察力と判断力を養い、有用な問題解決方法を学び、社会に出て活躍できる基礎力を身に付けることができるよう、教育課程を編成する。

アドミッションポリシー

  • 入学後の修学に必要な基礎学力としての知識を有している。・高等学校で履修する国語、地理歴史、公民、数学、理科、外国語などについて、内容を理解し、高等学校卒業相当の知識を有している。(知識・理解)
  • 入学後の修学に必要な技能を有している。(技能)
  • 実社会における諸課題について、問題の本質を見抜く洞察力と判断力を身につけている。(思考・判断・表現)
  • 積極的な学修意欲を持ち、思いやりのある誠実で協調性に富んだ人間性を身につけている。(関心・意欲・態度)