共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

文芸学部

Faculty of Arts & Letters

カリキュラム

段階的に深く幅広く学ぶカリキュラム

文芸学部固有のカリキュラムは専門基礎分野、専門分野Ⅰ、専門分野Ⅱという3つの科目群が段階的に、同時に幹から枝分かれするように構成されています。学生はこの中から、コースの専門性と自身の関心を考え合わせて科目を選び、4年間の学びを組み立てます。

  • 根幹となる
    専門基礎分野

    専門基礎分野では文学、芸術、メディアの各分野で基礎的な知識や考え方、技能を身につけ、その後の学びの根幹を作ります。

  • 深さと広さを追求する
    専門分野Ⅰ

    専門分野Ⅰの科目は基礎からより高度な専門的内容へと発展する科目からなり、領域横断的な内容を含みます。

  • 実践的に展開する
    専門分野Ⅱ

    専門分野Ⅱは主にそれぞれの専門性を実践的に展開する演習、実習科目で構成され、卒業論文・卒業制作につながるものです。

講座について

文芸学部では科目選択のガイドのひとつとして「講座」を設定しています。これは授業科目をテーマ別にまとめたものです。これによって、学生はまとまりのある知識や技術を身につけることができます。講座は、2種類の講座群(実務・文化)から成り立っており、それぞれ約10~15程度の授業科目が含まれます。所定の科目を修得した人には、最後に修了証書が与えられます。コースごとに履修する専門科目とは別に、大学での学びにもうひとつの「自分らしさ」を与えてくれます。

講座群(実務)

  • 情報処理検定講座
  • 編集技術講座
  • 英語通訳ガイド講座
  • フランス語通訳ガイド講座

講座群(文化)

  • 広告文化講座
  • 編集文化講座
  • シェイクスピア講座
  • 日本人論講座
  • ポピュラーカルチャー講座
  • 地中海講座
  • ジェンダー講座

カリキュラム(PDF)ダウンロード

おすすめ履修モデル

過去の学生の履修事例を参考にして作成された、新カリキュラムの履修モデルをご案内します。