共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

国際学部

Faculty of International Studies

海外研究旅行 ―海外事情/フィールドワークー

社会や文化というものは、実際にその国・地域に行き、とりまく環境を体験することで、「生きた」ものとして、その意味をより明確に知ることができます。そこで、ある地域の歴史や文化を見聞し理解を深める目的の旅行や、あるいは国際社会の課題を考える手がかりとなるよう、現地の国際機関、JICAやNGO、日系企業のフィールド等を訪問する旅行を、企画します。現地大学の訪問や教員・学生たちとの交流も含まれます。旅行の前に訪問地の政治・経済、歴史的・文化的背景を学修することが前提で、同行する教員の専門や参加学生の関心を踏まえて、問題意識を深めるための事前調査や帰国後の報告会なども行います。

事前学習・現地研究旅行・事後学習をとおして、関連科目の「海外事情/フィールドワーク」として、2単位の修得となります。

これまでの実施一覧

2014年度
テーマ 主な研究先 期間
英国各地の産業改革・都市改革の歴史について学ぶ。 現地の方々や大学の教員・学生の方々とも交流し、変化する英国社会と現代英国人の価値観やライフスタイルについての認識を深める。 イギリス:ロンドン、ケンブリッジ、マンチェスター、リバプール、カーディフ、他 2014/2/11

2014/2/23
ベトナムとカンボジアの紛争の歴史と経緯を学ぶとともに、その後の復興のプロセスや、現在も残る課題について学習する。シンガポールの飛躍的な発展のプロセスや環境政策について学ぶ。 カンボジア:プノンペン
ベトナム:ハノイ
シンガポール:シンガポール市内
2014/3/1

2014/3/11
アメリカ各地を訪問して、アメリカの歴史や文化に触れ、実体験する。また、アメリカの大学生たちと交流することで、アメリカの若者たちの考え方や価値観、ライフスタイル等を理解する。 アメリカ合衆国:ボストン、ニューヨーク、フィラデルフィア、ヴァジニア 2014/9/5

2014/9/15
2013年度
テーマ 主な研究先 期間
20世紀最後の紛争と復興の地、バルカン諸国訪問国際協力の現場視察や現地大学生との交流 北イタリアにおいて、現代に生きる伝統文化を体験 セルビア:ベオグラード、ボスニア:サラエボ、
クロアチア:ドブロブニク、スプリット、プーラ、
北イタリア:ヴェネチア、ミラノ
2014/2/11

2014/2/25
2012年度
テーマ 主な研究先 期間
イタリアとギリシャで古代ギリシャ・ローマから現在までの文化と歴史に触れ、協定校のイオニア大学の学生と交流をはかる イタリア:ローマ、ナポリ、アマルフィ、
マテーラ、アルベロベッロ他
ギリシャ:ケルキラ、メテオラ、デルフィ、
アテネ他
2013/2/21

2013/3/8
2011年度
テーマ 主な研究先 期間
中国の多民族文化と歴史に触れ、壮大な自然・史跡を体感
北京大学、中国人民大学との交流
四川省:九寨溝
北京:万里の長城、天安門広場
成都:パンダ飼育研究所
2011/9/2

2011/9/11
2010年度
テーマ 主な研究先 期間
中央ヨーロッパにたどるヨーロッパの過去・現在・未来
フンボルト大学との交流
ポーランド:クラクフ
ドイツ:ゲルリッツ、ベルリン、ポツダム、
ドレスデン
フランス:ストラスブール
2011/2/21

2011/3/4