共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

家政学部[被服学科] 家政学部[被服学科]

アパレル情報コース

このコースで学ぶこと

被服マーケティング演習

人々の嗜好や流行といった要素が複雑にからむアパレル産業では、アパレル造形を学び、その現場を知り尽くした人材が、さらに情報処理などのシステムサイエンスを身につけ、マーケティング情報を整理・分析することが必要です。
本コースではアパレル・ファッションを科学的にとらえ、経営企画に携わることができる知識・技術を身につけていきます。アパレル・ファッション分野を、ビジネス的視点で、実践的に学ぶことができます。

  • アパレルデータ解析Ⅰ

  • 被服材料学実験

様々な取り組み

卒業論文・卒業制作・卒業演習発表会

被服学科では毎年4年生による卒業論文・卒業制作・卒業演習発表会を開催しています。発表会は口頭発表プログラムとポスターセッションプログラムから成り、大学の学びの集大成が一堂に集います。
アパレル情報コースからはアパレル業界に関するさまざまな研究調査や、被服環境に関する研究、スクリーン染色によるゆかたの制作など、多彩な論文・作品が紹介されました。

学生メッセージ

“幅広く学べるからこそ自分の興味が次々に広がっていく”

衣食住の「衣」に特化した生活者の視点で幅広く学べるコースです。消費者がなぜその商品を欲しくなるのかのプロセスを学ぶ授業「消費者調査法」をはじめ、消費者行動やマーケティングについて学ぶことができます。もともと理系だったので化学や繊維について興味があり、商社の素材や材料を扱う部署でアパレルのマーケティングに携わるのが今の夢です。ファッションビジネスから衣服の材料、管理、さらには人生設計まで、コースの枠を越えて自由に学べるため、自分の興味がどんどん広がる学科ですね。

N.F.さん

卒業生メッセージ

“学んだ知識を活かしながら楽しんでもらう環境づくりを”

子ども服メーカーで販売をしています。洋服が好きなだけでなく保育士になりたいと思っていた時期もあったので、今の会社で働けるのはとても満足です。企業の姿勢として店舗ごとに一任されている部分が多く、店長と副店長の私とで品揃え等も決めるので、共立で学んだマーケティング論などは今の仕事に直接役立っています。洋服選びは楽しいことです。お客さまと一緒に楽しめる雰囲気を作りながら、お子様の成長に合わせてご案内できればうれしいですね。

2014年3月卒業
株式会社ミキハウス

研究室紹介

幅広く学びながら将来を育む被服学科での学び

被服マーケティングを中心に教えている藤田雅夫先生(以下「先」)と、藤田先生の研究室出身の卒業生でアパレルブランドで販売を行っているK.W.さん(以下「卒」)、被服学科アパレル情報コース3年生のM.M.さん(以下「学」)に被服学科での学びについてお聞きしました。

  • 学:高校時代からアパレル企画の道に進みたくて、藤田先生の「被服マーケティング演習」では興味深く学んでいます。人の心理や行動からアパレル業界を見たり、ブランドを立ち上げると仮定し、どんな戦略を立てるかプレゼンするなど実践的な授業が多く、楽しみながら学べます。Wさんは今どんな仕事をしていますか?
  • 卒:今はアパレルブランドで販売をしていますが、マーケティングや材料についての知識を身につけたことも、服作りなどの実技を行ったこともすべての学びが役立っています。
  • 学:販売をしていても実技が役立つのですね?
  • 卒:服ができるまでの過程や、商品が店頭に並ぶまでの流れなど、全体像を理解していると接客時に役立ちます。
  • 先:たしかに社会に出てから役立つ知識は色々と学べます。でも、それだけではなく『将来、働くことが楽しみになる芽』を植えつけたいという想いで教えています。
  • 学:先生は、どんな仕事をしていたのですか?
  • 先:化粧品会社の営業からスタートして、マーケティングや経営企画、商品開発を経て、ファッション研究所の所長など様々な経験をしましたね。
  • 卒:企画の道に進みたいなら、藤田先生の研究室はおすすめです。商品を作り始めるまでの過程を学べるのは役立つと思います。先生はどういう想いで学生と接しているのですか?
  • 先:元気でいてくれれば、それでいい!そのくらいの気持ちで教えています。興味のあることを一生懸命学び、それを仕事にしてがんばってくれれば、満足です。
  • 学:ますます先生の研究室で学びたくなりました。

コース一覧