共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

家政学部[被服学科] 家政学部[被服学科]

染織文化財コース

このコースで学ぶこと

東洋服装史

染織文化史や染織品の保存修復などを深く学び、博物館の学芸員や、染織品の保存・修復に関する専門知識が必要な企業などで活躍できる人材を育成。
特に「保存・修復」の研究・知見は世界でもトップクラス。大英博物館をはじめ、世界中の機関から染料分析、文化財保存の依頼があり、その最先端の研究成果をリアルタイムで授業に反映しています。

  • 染色実習

  • 染織品保存修復実習

様々な取り組み

博物館学の授業

染織文化財の範疇に含まれるものは実に多様ですが、本学には着物やキルトといった洋の東西にわたるさまざまな染織品が所蔵されているだけでなく、民俗学的な資料も収蔵されており、これらは染織文化財コースの授業や学内展示に活用されています。
写真は、北海道のアイヌ文化と沖縄の琉球文化における服飾の比較をテーマとする展示と、梱包技術を学ぶための実習です。

学生メッセージ

“知識を深めながら自分の道を見つけられた4年間”

日本史が好きで文学部などへの進学を考えていましたが、共立の染織文化財コースの存在を知り、着物など昔の染織品から歴史にふれられることに興味を持ち入学しました。染織品の調査には歴史だけでなく化学の知識も必要になるのですが、高校時代はひとつずつ点だと思っていた授業の内容が、大学では線になってつながる感覚を覚えました。学芸員資格の授業にも力を入れており将来の目標のひとつです。日本から流出した染織品を収蔵する海外の博物館で研究してみたいですね。卒業後はまず共立の大学院に進みます。

A.W.さん

卒業生メッセージ

“アパレルの品質管理という責任感と達成感のある仕事”

アパレル研究所の品質管理課部門に所属し、生地や製品の試験結果について判定を行う仕事です。ここで合格したものだけが製品となります。不合格のものはどのように改善すれば製品化できるのかを話し合い、指示を出したりして軌道修正を行います。取扱い絵表示に関わる仕事なので責任が大きいですが、その分達成感も大きいです。学生時代に衣料管理士という資格取得のために幅広く学んだことは今でも役立っています。少しでも興味のあることをどんどん学ぶことで、世界はもっと広がりますよ。

2012年3月卒業
株式会社レナウンアパレル科学研究所

コース一覧