共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

家政学部[食物栄養学科] 家政学部[食物栄養学科]

人材養成目的・3つのポリシー

人材養成目的

 家政学部食物栄養学科管理栄養士専攻の人材養成目的は、管理栄養士養成施設指定基準を遵守したうえで、家政学部の人材養成目的に基づき、「ライフサイクルに応じた栄養指導や病者の食事療法を中心とする栄養指導能力を培い、健康づくりの専門職として医療機関、社会福祉施設、学校教育現場などさまざまな場で活躍できる幅広い知識とその実践的能力を身につけた女性を育成する」ことである。

3つのポリシー

ディプロマポリシー

  • 人体の構造や機能、主要疾患の成因・病態・診断・治療および食品に含まれる各種成分の知識を有し、健康の保持・増進、疾病の予防・治療における栄養の意義について理解している。(知識・理解)
    1. 身体的、精神的、社会的状況等ライフステージ、ライフスタイルに応じた栄養教育を行う技能を有している。
    2. また適切な栄養指導をするための、他者とのコミュニケーションスキルを有している。(技能)
  • 加齢、疾病など人体の構造や機能の変化に伴う栄養状態等の変化について十分に理解し、適切な栄養管理(栄養マネジメント)を行う基本的な考え方を修得している。食品の生育・生産から、加工・調理を経て、人に摂取されるまでの過程についての知識を有し、人体に対しての栄養面や安全面等への影響や評価について適切に判断できる。(思考・判断・表現)
  • 保健・医療・福祉・介護システムの中で、栄養上のハイリスク集団の特定とともにあらゆる健康・栄養状態の者に対し適切な栄養関連サービスを提供するプログラムの作成・実施・評価の総合的なマネジメントができる能力を有している。(関心・意欲・態度)

カリキュラムポリシー

乳児から高齢者、傷病者にいたるまで、さまざまな人たちを対象に高度な栄養指導を行っていく管理栄養士の育成を目指し、基礎医学、臨床栄養学、公衆栄養学や食品利用学、調理学実習など理論と実践の両面で高度な知識と技術を身につけることができるよう、教育課程を編成する。

アドミッションポリシー

  • 入学後の学びに必要な基礎学力としての知識を有しているとともに、考えを適確に表現できる語学力を身につけている。また、食物と栄養、人体の構造や機能、疾病について学ぶために必要な高等学校卒業相当の知識を有している。(知識・理解)
  • 入学後、食物栄養学科で修学するために必要な高等学校で身につけるべき基礎技能を有している。(技能)
  • 食物栄養学科管理栄養士専攻で学ぶにあたり、自分の考えを表現し、他者に伝えることができる。また、他者の考えを理解し、物事を多面的かつ論理的に考察することができる。(思考・判断・表現)
  • 食物と人の健康に関わる諸問題に深い関心があり、主体・積極的に発言し、社会に貢献する意欲がある。(関心・意欲・態度)