家政学部[ 食物栄養学科-管理栄養士専攻] 家政学部[ 食物栄養学科-管理栄養士専攻]

家政学部 食物栄養学科 管理栄養士専攻人材養成目的・3つのポリシー

人材養成目的

 家政学部食物栄養学科管理栄養士専攻の人材養成目的は、管理栄養士養成施設指定基準を遵守したうえで、家政学部の人材養成目的に基づき、「ライフサイクルに応じた栄養指導や病者の食事療法を中心とする栄養指導能力を培い、健康づくりの専門職として医療機関、社会福祉施設、学校教育現場などさまざまな場で活躍できる幅広い知識とその実践的能力を身につけた女性を育成する」ことである。

3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー

食物栄養学科管理栄養士専攻は、本学科・専攻の課程を修め、124単位以上の単位修得と必修等の条件を充たしたうえで、次のような社会に広く貢献できる自立した女性としての必要な知識、技能並びに資質を備えた人物に学位を授与する。

(1)人体の構造や機能、主要疾患の成因・病態・診断・治療および食品に含まれる各種成分の知識を有し、健康の保持・増進、疾病の予防・治療における栄養の意義について理解している。(知識・理解)

(2)身体的、精神的、社会的状況等ライフステージ、ライフスタイルに応じた栄養教育を行う技能を有している。(技能)

(3)適切な栄養指導をするための、他者とのコミュニケーションスキルを有している。(技能)

(4)加齢、疾病など人体の構造や機能の変化に伴う栄養状態等の変化について十分に理解し、適切な栄養管理(栄養マネジメント)を行う基本的な考え方を修得している。食品の生育・生産から、加工・調理を経て、人に摂取されるまでの過程についての知識を有し、人体に対しての栄養面や安全面等への影響や評価について適切に判断できる。(思考・判断・表現)

(5)保健・医療・福祉・介護システムの中で、栄養上のハイリスク集団の特定とともにあらゆる健康・栄養状態の者に対し適切な栄養関連サービスを提供するプログラムの作成・実施・評価の総合的なマネジメントができる能力を有している。(関心・意欲・態度)

カリキュラム・ポリシー

 食物栄養学科管理栄養士専攻は、ディプロマ・ポリシーに定める知識、技能などを学生に確実に身に付けさせるために必要な授業科目を配置し、順次性に配慮し体系的かつ効果的に教育課程を編成する。

 教育課程編成及び授業実施にあたっての、教育内容、教育方法、学修成果の評価の在り方についての方針を次の通り定める。

教育内容

【教養教育科目】

  • 自己を確立し、生涯学び続けるための基礎的な力を育成する。
  • 大学生活・社会生活を送る上で身に付けておくべき基本的な表現力、情報活用能力および健康な日常生活を送るための知識・技能を育成する。
  • 専攻分野の枠を超えて共通に求められる知識と技能の伝達により、知的好奇心を喚起し、豊かな人間性や柔軟な思考を育成する。
  • 新たな価値を創造し、社会を生き抜くための基礎的な力を育成する。
  • 現代社会における諸課題に自らの使命・役割・責任を関連付け、適切に対処できる知識と能力を育成する。
  • 他者と協働し、リーダーシップを発揮するための基礎的な能力を育成する。
  • 専攻する学問の理解を助け、関連する諸分野への幅広い視点を得るための知識・技能を育成する。

【専門教育科目】

(1)家政学部共通科目では、家政学を学ぶうえで身に付けておくべき基本的な知識と技能を修得するため、以下のように教育課程を編成する。

  • 被服、食物、住居、児童、家庭経営の5領域の基本的知識を学び、それらを統合した人間のライフサイクルと福祉の視点から人間生活の構造や基本事項を理解するための科目を配置する。
  • 前述の5領域に隣接または基礎となる社会科学・自然科学などの幅広い諸科学の視点と基本的知識を獲得するための科目を配置する。

(2)管理栄養士専攻では、ライフサイクルに応じた栄養指導や傷病者の食事療法を中心とする栄養指導能力を養成するため、「基礎」「社会・環境と健康」「人体の構造と機能・疾病の成り立ち」「食べものと健康」「基礎栄養学」「応用栄養学」「栄養教育論」「臨床栄養学」「公衆栄養学」「給食経営管理論」「総合演習」「臨地実習」「主題研究」の分野に応じた科目を体系性・順序性を踏まえて配置する。

(3)1年次に、食物学・栄養学を学ぶうえで基礎となる基本的知識を獲得するため「生物・化学」に関する科目を中心に配置する。

(4)2年次、3年次、4年次には、管理栄養士として必要な基礎的・専門的知識・技能を獲得するための講義科目を配置するとともに、演習科目、実験・実習科目を組合せて配置し、栄養指導における実践能力の育成を図る。

(5)3年次、4年次には必修科目である「臨地実習」を通じ、大学で修得した知識・技能と現場で得た知識・技能のつながりを理解し、実践能力の獲得を図る。

(6)4年次に、総合演習を必修科目として配置し、卒業論文・演習を選択科目として配置し、管理栄養士として必要な専門的な知識・技能を修得し、さらに思考力・判断力・表現力、関心、意欲、態度を身に付けた成果の統合と総合化を行う。


教育方法

(1)教育内容の実施にあたっては、その内容に相応しい適切な授業形態を用い、必要に応じてアクティブ・ラーニングの手法を適切に取り入れる。

(2)授業開始後の学修の指針として機能する適切なシラバスを作成し、授業計画に基づいて適切に指導を行う。

(3)シラバスにおいて、事前・事後の学修内容、目安の学修時間を提示し、事前・事後学修を担保する。

(4)レポート等の課題を出す時期と課題の整合性をはかり、期中にフィードバックを行う。

(5)講義科目と実験・実習・演習の組合せの学修指導を行い、主体的な学びを高めるために、教員と学生間の双方向授業、グループディスカッション、グループワーク等のアクティブ・ラーニングを取り入れる。

(6)管理栄養士としての専門的な知識・技能を修得し、さらに、思考力・判断力・表現力、関心・意欲・態度を身に付けるために総合演習をおこない、また能力確認のための外部テストを導入し、自己学修の結果のモニタリングを行う。なお、学科教員による模擬試験・国家試験対策のための時間を設ける。


学修成果の評価

(1)各授業科目の到達目標に応じて、求める到達水準を明確化して、その到達状況を適切に評価する。

(2)各授業科目の学修成果の最終的な評価は試験により行う。また、授業科目の内容に応じて、日常的な課題、小テスト、レポート、意欲・態度等を適切に評価する。

(3)1年次において、年度初めのプレイスメントテストと年度末のアチーブメントテストを実施することにより、英語の語学力向上を定量的に評価する。

(4)3年次から4年次の進級については、卒業に必要な124単位のうち80単位以上の単位を修得していることを条件とする。

(5)3年次からの臨地実習の履修については、2年次修了までに所定の単位を修得することを求める。

(6)4年次後期に学科教員による総合試験を行い、その成績によって学修成果を総合的に評価する。4年次に選択履修する「卒業論文」「卒業演習」では、卒業論文・演習発表会において学修成果を発表し、指導教員、他の教員や学生からの諮問を含めた総括的評価を行う。


アドミッション・ポリシー

 食物栄養学科管理栄養士専攻は、ディプロマ・ポリシーに定める知識、技能などの修得を目指し、カリキュラム・ポリシーに定める教育を受けるための条件として、次のような知識・技能、能力並びに目的意識・意欲を備えた人物を求める。

(1)食物と栄養、食文化について学ぶために必要な高等学校卒業相当の基礎学力としての知識があり、入学後の修学に必要な技能を有している。(知識・技能)

(2)高等学校まで履修内容のうち、「国語」と「英語」を通して聞く・話す・読む・書くというコミュニケーションの基礎的な内容や考えを適確に表現できる語学力を、さらに「数学」と「「理科」を通して食物と栄養について学ぶための科学的思考力の基礎を身に付けている。(知識・技能)

(3)自分の考えを表現し、他者に伝えることができる。(思考力・判断力・表現力)

(4)他者の考えを理解し、物事を多面的かつ論理的に考察することができる。(思考力・判断力・表現力)

(5)食物と人の健康にかかわる諸問題に深い関心があり、主体・積極的に発言し、学修課題に積極的に取り組むことができる。(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

(6)将来的に食品学、栄養学における専門性の高い仕事に就き、社会に貢献しようとする意欲がある。(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)