共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

HOME

学部・短大・大学院

共立女子大学の人材養成目的・3つのポリシー

共立女子大学の人材養成目的・3つのポリシー

人材養成目的

 本学は、専門の学芸を教授研究し、学生の主体的な学びを育み、幅広く深い教養および総合的な判断力を培うとともに、誠実で豊かな人間性を涵養し、社会に広く貢献する自立した女性を育成することを目的とする。

3つのポリシー

ディプロマポリシー

  • 社会に広く貢献する自立した女性として求められる、幅広い教養と専攻分野における知識・能力を身につけている。(知識・理解)
  • 各専門分野における確かな技能を身につけている。(技能)
  • 実社会における諸課題について対処すべき総合的な判断力が身につけている。(思考・判断・表現)
  • 専門の学芸の教授研究の中で主体的な学びを育み、誠実で豊かな人間性を身につけている。(関心・意欲・態度)

カリキュラムポリシー

本学においては、学部等の専攻に係る専門の学芸を教授するとともに、幅広く深い教養及び総合的な判断力を培い、豊かな人間性を涵養するよう適切に配慮し、教育課程を編成する。

アドミッションポリシー

共立女子大学では、次のような条件を充たす学生を受け入れる。

  • 入学後の修学に必要な基礎学力としての知識を有している。
  • 高等学校で履修する国語、地理歴史、公民、数学、理科、外国語などについて、内容を理解し、高等学校卒業相当の知識を有している。(知識・理解)
  • 入学後の修学に必要な技能を有している。(技能)
  • 物事を多面的かつ論理的に考察することが出来る。(思考・判断・表現)
  • 誠実で、自主的に学ぼうとする態度を持ち、専門の学芸に深い関心を持ち、社会に積極的に貢献する意欲がある。(関心・意欲・態度)