共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

HOME

総合案内

学びの特色

学びの特色

 明治19年(1886年)、女性に専門的知識と高度技能を修得させ、女性の自主性と社会的自立を育成することを目的として「共立女子職業学校」が創立されました。昭和24年(1949年)には新しい教育制度が施行されるに伴い、共立女子大学として再スタートし、その後短期大学・大学院・高等学校・中学校・幼稚園を併設。さらに八王子キャンパスに第二高等学校・第二中学校を開校させ、女子教育を担う大きな学園として発展してきました。

01「小さな総合大学」ならではの、
きめ細やかな教育

 本学には専門課程として自然科学系、社会科学系、人文科学系が揃っており、そこには医療系、芸術系、メディア系、教育系、建築デザイン系なども含まれています。小さいながらも総合大学ということができます。大規模な総合大学では、大学全体を見渡すことが難しく、部門ごとのまとまりが強くなってしまいます。その点、本学は「小さな総合大学」だからこそ、全体の見通しが良く、分野を超えた様々な交流を深めることができます。先生と学生の距離が近いのも、本学の特徴のひとつです。

全学共通教育科目

 本学ではいわゆる教養科目を一本化し、大学・短大の別なく、すべての学部・科の学生が机を並べて授業を受けるようにしています。これによって学生の交友関係と視野が広がり、本学の小さな総合大学としての特質がいっそう強化されています。

新入学時の学び

特色あるカリキュラムが、新入学時の学びをサポートします。

入学前教育

 主に指定校推薦の方を対象に、入学前教育を行っています。早い時期に入学が決まってしまった方の入学までのモチベーションを維持し、基礎学力の向上を図ることで高校生活を充実させ、より良い大学生活のスタートが切れるようにすることを目的としています。各学部によって方法は違いますが、原則として、12月に大学から課題を出 し、3月に提出されたものを添削して返却しています。

基礎ゼミナール

 大学生として、共立の学生としてまず知っておくべきこと、自覚しておくべきことをしっかり身につけるために1年前期に必修科目として受講します。学習方法から図書館の利用法、資料検索、演習、実験の知識、レポートの書き方、テーマの見つけ方、討論やプレゼンテーションの方法まで、大学生活に不可欠な知識とスキルが満載の科目です。

英語力を鍛えるカリキュラム

 入学時に行われる「プレイスメントテスト」、学年末に行われる「英語アチーブメントテスト」で、学生それぞれの英語力を細かくチェック。また、ネイティブ教員によって行われる「英語Ⅰ」の授業などで、学生の英語力の底上げを支援します。

02都心にある
最新のキャンパス・IT設備

新2号館が2016年8月に完成!

 本学ではいわゆる教養科目を一本化し、大学・短大の別なく、すべての学部・科の学生が机を並べて授業を受けるようにしています。これによって学生の交友関係と視野が広がり、本学の小さな総合大学としての特質がいっそう強化されています。「フェイス・トゥ・フェイスのコミュニケーション」と「ここでしかできない体験や経験」を重視した「人・地域・社会」を密接につなぎあわせる次世代型の教育・研究環境を構築しています。

最新のIT設備

 学内では、「共立シラバス」や「kyonet」での履修の管理のほか、Google Appsによる授業資料の閲覧、課題提出など、ITの側面から、効率的な学びをサポート。学内の様々な場所にインフォメーションPCを設置したり、図書館でノートPCの貸し出しを行うなど、インフラが充実しています。

ITによる教育支援

03学びの幅を広げる独自のプログラム

 各学部・学科において、学生が豊かな学生生活を送り、かつ、時代の要請に応じたスキルやマインドを習得するため、独自の取り組みを行っています。

学部・短大・大学院

04ずっと先の未来まで輝くために
充実の就職サポート

 共立では、社会に出て輝ける女性であるために、就職サポートを充実させています。就職進路課では専任職員9名、キャリアカウンセラー3名が皆さんをサポートします。就職対策プログラムは年間100コマ以上。自分のスケジュールに合わせて選択できます。面談時間は1人30分。急な相談でもすぐに対応してくれるため安心。一人ひとりの進捗度に合わせてじっくり相談に乗ります。

就職・資格

05キャンパスライフ

 学生が自主的に企画・立案・運営をする「共立祭」をはじめ、さまざまな行事やイベントが、一人ひとりのキャンパスライフを彩ります。