共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

家政学部[児童学科] 家政学部[児童学科]

子育てひろば「はるにれ」のご案内



子育てひろば「はるにれ」にようこそ!

プレイルームに入っていただくと、すぐ目につくのが大きな木のオブジェ。
すっくと伸びた「はるにれ」の木の幹をイメージしたものです。
何で「はるにれ」なのでしょう?
それにはこんなわけがあります。
はるにれの木は大地に根を張り、枝は豊かに伸びます。春夏秋冬、どの季節にも凛として立ち続けています。そんな凛とした木のもとに集う人々は、その木の枝のようにそれぞれらしく伸びながら、緩やかに繋がる。自分らしくありながらも、緩やかに繋がれる場のシンボルとしての「はるにれ」なのです。

「はるにれ」の理念や特徴は以下の通りです。
①理念

  • 広場に集う親も子もスタッフも、共に支えあい、繋がりあい、育ちあう場
  • 温かい雰囲気のもと、集うみんなが自分を発揮できる場

②特徴(大学の主催する子育てひろばとして)

  • 子育てひろばで学生が育つ
  • 親子が大学の資源に触れることができる場
  • 大学の資源を地域に還元することが出来る場
  • 夏休みには小学生くらいまでの子どもたちが活動できる可能性のある場

さあ、お子さんと一緒にぜひ一度いらしてくださいね。

※「はるにれ」へのお問い合わせ
〒101-0051
東京都千代田区神田神保町3-27 共立女子大学6号館1階
TEL:03-3237-6397(児童学科助手室)
E-mail:harunire.gr@kyoritsu-wu.ac.jp

常設遊具について

  • 楽器コーナー
    スリットドラム、バラフォン、オーシャンドラム、フルーツシェイカー、卵マラカスなど、さまざまな音を楽しんでもらえる楽器を用意しています。

  • ままごとコーナー
    野菜、果物、お肉、鍋、包丁、トング、お皿などたくさんの道具が用意されています。子どもたちのイメージがひろがり、お店屋さんやパーティが開かれることもあります。

  • 大型遊具
    昇る、降りるなどを室内でも体験できます。ご家庭と違って段差を経験できることが喜ばれています。

  • くつろぎコーナー
    畳の上で遊んだり、絵本を見たり、ゆったりと過ごしてもらえる場所です。

  • 制作コーナー
    子どもたちが自由に折り紙や画用紙、クレヨン、ペンなどを出して制作ができます。

  • 学生が作成した手作りおもちゃ
    学生が授業で作成した手作りおもちゃが登場することもあります。

  • はるにれのシンボル
    お部屋の中央には、はるにれのシンボルの木があります。

子育てひろば「はるにれ」 利用案内

子育てひろば「はるにれ」は、地域の子育て親子が自由につどい、親子でゆったりと過ごしていだく施設です。また、親同士の交流や仲間づくりや子育て情報を提供する場であるとともに、大学の教育・研究施設でもあります。

1、利用対象

  • 小学校就学前までのお子さんと保護者が親子でゆったりと過ごしていただく施設です。
    原則、対象年齢外のお子さまや、お子さま・保護者のみのご利用はご遠慮ください。
  • 初めて利用される方は、登録フォームの入力または登録用紙に必要事項を記入してください。
  • 利用中は、名前シールを貼ってお過ごしください。

2、開館日・利用時間

  • 月~水 10:00~15:00 (12:00~13:00を閉室する場合もあります)
  • 原則として大学の授業日程と連動して開所・閉所になります。
    そのため、8月、9月、2月、3月は閉所します。
開室カレンダー

3、利用料金

  • 利用料(保険料等)は1回につき1家族200円になります。

4、ご利用の流れ

①子育てひろば「はるにれ」は共立女子大学6号館1階にあります。

  • ★徒歩や自転車でお越しください。
  • ★自転車は、3号館の門を入った駐輪場にとめてください。
  • ★ベビーカーは、たたんで6号館1階の入口横(校舎内)に置いてください。
  • ★自家用車での来所はご遠慮ください。駐車スペースはありません。

②受付で利用料(1家族、1回200円)をお支払いください。

③入室されたら、靴は入口横の靴箱に入れてください。

  • ★お子さまの安全上、靴下はぬいでご利用ください。

④初めてのご利用の方は、簡単な登録をお願いします。

  • ★登録フォームの入力または登録用紙に必要事項を記入してください。登録フォームはこちら
  • ★「はるにれカード」(登録カード)を発行します。

⑤2回目以降のご利用の方は、警備員室や「はるにれ」受付で「はるにれ」カードをお見せください。

⑥お荷物は荷物置き場をご利用ください。

  • ★貴重品は各自で管理してください。

⑦お名前シールを貼ってお過ごしください。

5、ご利用にあたり

  • お子さんの安全に十分注意してください。
  • 貴重品は各自で管理してください。
  • 個人情報保護のため、ひろば内での写真・動画撮影はご遠慮ください。
  • 授乳やオムツ交換は、所定の場所で行ってください。
  • 「はるにれ」のプレールームでは飲食はできませんが、3号館地下の学食ではご持参いただいたものを飲食できます。
  • ごみ、使用済みオムツなどは、必ず、自宅までお持ち帰りください。

6、大学施設の利用

  • 学食は3号館地下と2号館カフェ(ご利用の場合は守衛室にお立ち寄りください)が利用できます。学生の昼食時間を避け、11:00~12:20又は、13:10以降の時間でご利用ください。

7、学生の実習について

  • 保育者や教員を目指す学生が実習や学習のため、「はるにれ」に参加します。
  • 授業などで学生が子どもと遊ぶ、保護者の方とお話をさせていただくことがあります。学生が子育ての実際を理解できるように、ぜひ保護者の方のお力をお貸しください。
  • 児童学科の教員が、学生の指導・助言を行います。

8、教育・研究機関としての活動

  • 「はるにれ」は、子どもの保育・教育、子育てに関する研究を行う施設でもあります。
  • 教育・研究の目的で使用するため、既設のビデオカメラでの録画、写真撮影を行うことがあります。
  • ビデオ撮影や写真撮影を行う場合は、目的や方法などを掲示でお知らせします。
  • 記録したものは、研究・教育の目的以外には使用しません。
  • 写真の一部は、構内の掲示やホームページで使用することがあります。
  • アンケートのご協教育・研究機関としての活動力をお願いすることもあります。
  • 上記の教育・研究活動での記録に関してご質問がある場合は、スタッフにお尋ねください。

保育・子育て講座の紹介

子育てひろば「はるにれ」では、年数回の保育・子育て講座を開催します。児童学科や家政学部の教員中心となり、お子様と保護者の方が一緒に行う表現活動(音楽・体育・造形など)や、子どもの発達や成長に関する内容及び食生活・衣生活・住生活に関連する内容の講座などを企画していきます。ぜひ一度覗いてみてくださいね。

 子育て広場「はるにれ」のイベント情報です。
 今回は、平成30年10月・11月・12月分のスケジュールをお知らせさせていただきます。
 参加を希望される方は、以下のQRコードをご利用のうえ、お申し込みください。
 費用は、はるにれの利用料200円(1家族)のみです。親子で参加していただけます。
 なお、申し込み多数の場合は先着順とさせていただきます。
 皆様のご参加をお待ちしております。









スタッフブログ

「親子の活動:ものを使って遊んでみよう!」(足立美和先生)(2018年5月23日 実施)

2018年5月23日(水)10時半から、2018度第1回目のイベント「親子の活動:ものを使って遊んでみよう!」(足立美和先生)が催されました。
午後から雨の予報でしたが、1歳7か月から2歳11か月までの親子さんが参加してくれました。初めてのお子さんもいて、最初は恥ずかしそうだったりお母様の後ろに隠れたりしていましたが、音楽が鳴りリズムに乗って動き始めると途端にニコニコ顔。
「わにのかぞく」や「バスに乗って」で楽しく歌遊び。そのあとはお母様の足に乗ってペンギンさんのお散歩。「大きな太鼓小さな太鼓」では、親子や輪になってジャンプ!ジャンプ!と楽しそうでした。
「くものすぞうさん」の歌遊びからロープを使った「くものすくぐり」をしたり、大きなシフォン(布)を使って、全体遊びもしました。シフォンのふわふわ波の下を駆け抜けたり、シフォンの上で舞っている風船と一緒に飛び跳ねてたり、プレイルームは笑い声でいっぱい。自分も!と、シフォンをもって波を作るのを楽しむ姿も見られました。
最後に先生から、幼児期の運動機能の発達についてのお話がありました。
「1歳半から2歳児は、歩き始めで危なっかしいけれど、安全を確保したうえで色々な活動(動き)に挑戦させてあげてほしい。歩き始めから幼児期にかけては、運動機能の発達と同時に、体と周りの空間との感覚が発達する時期。 特定のスポーツだけでなく、転がったり、這ったり、くぐったり、 上ったり、 様々な空間の中でたくさんの体の動きを経験する遊びをすることで、安全に生活するのに必要な運動機能の発達を促すことになる。」とのことでした。参加された保護者の方々も熱心に聞かれていました。

ミニイベント「大人のための読み聞かせ」

普段、絵本はお子さんのために読むもの。でも、今回はちょっと視点を変えて、おとな、つまり毎日子育てに忙しいお母様のための読み聞かせを企画しました。取り上げたのは2冊。マーティン・ワッデル作「ねむれないのちいくまくん」(評論社)と、くすのきしげのり作「おこだでませんように」(小学館)。
「ねむれないのちいくまくん」では大人の時間を容赦なく奪い取る子どもという存在と奪い取られる大人という存在について、「おこだてませんように」では、ほんとうの気持ちをお母さんや先生に分かってもらえずに、怒られてばかりいる子どもの感じる理不尽さが描かれています。
この2冊を突破口に、子育てにまつわるあれこれを皆さんで話し合いました。お母様方はお子さんとちょっぴり離れて、自分に戻る時間を取り戻すことができたようでした。