共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

生活科学科

Department of The Science of Living

食・健康コース

「食」をキーワードに健康づくりのための科学を学ぶ

このコースで学ぶこと

「食デザイン」「健康マネジメント」「フードスペシャリスト」の3つの分野から構成され、調理や栄養といった食に関する知識や技術の習得を通して、食生活に密接したウエルネスからフードビジネスまで多角的に学びます。「食べることが人の心と身体を健やかに保つ」ことをコースの教育姿勢として、毎日の食事や安全・安心な食を選択する方法などについて習得し、豊富な実習・演習を通して社会や実生活の場面で活躍できる女性を育成します。

専門教育科目(2019年度用)

食デザイン系 (New) 調理学 (New)
食品の消費と流通 (New)
フードメディア演習 (New)
はじめての調理(実習) (New)
調理学実習基礎 (New)
調理学実習応用 (New)
スイーツ実習 (New)
フードパッケージ実習 (New)
>健康マネジメント系 (New) 食物基礎科学
栄養学
女性と健康
生活基礎演習
食育演習 (New)
ライフステージ栄養演習
栄養学実験
フードスペシャリスト系 (New) 食品学
食品衛生学
嗜好評価処理演習
食品学実験
フードスペシャリスト論
フードコーディネート論
フードスペシャリスト演習
生活科学基礎系
(各コース共通)
生活科学概論
食生活論
衣生活論
住生活論
心の健康
環境と消費
キャリア支援系
(各コース共通)
キャリアを考える
キャリアアクティブワーク
キャリア実務入門
CG基礎演習
特別演習系
(各コース共通)
チャレンジ・ゼミナール
★ 卒業ゼミナール
★ 卒業研究・卒業制作

★通年科目
シラバスはこちらからご覧になれます。

  • はじめての調理(実習)

    調理の基本である包丁の使い方や火の扱い方などを学び、食事作りの基本的な技術を学びます。

  • 調理学実習基礎

    「はじめての調理(実習)」で習得した調理の基本をふまえ、献立作成や日常生活に役立つ調理技術を学びます。また、西洋料理のテーブルマナーを学ぶ学外授業を行います。

調理学実習応用

「調理学実習基礎」で習得した技術をふまえ、“行事食”や“おもてなし料理”の技術を習得します。また、日本料理のテーブルマナーを学ぶ学外授業を行います。

  • 嗜好評価処理演習

    人間の五感(味覚、嗅覚、視覚、聴覚、触覚)を使って食品の良し悪しや「好み」を評価します。
    消費者のニーズに合った商品開発にとって大切なものとなっています。

  • フードスペシャリスト演習(紅茶特別講義)

    模擬試験や、フードサービス業界の方から実際の仕事と授業で学んだ内容の関連性を伺います。

食品学実験

食品成分の定性や定量、食品の加工や保蔵について学びます。

栄養学実験

食物の消化や自身の栄養状態を実験で調べます。

検定・資格取得支援

フードスペシャリスト、専門フードスペシャリスト資格取得支援
(公益社団法人日本フードスペシャリスト協会) 

フードスペシャリストとは、消費者と流通・販売業者の間に立って食に関するアドバイスを行ったり、レストランなどで快適な食事ができるよう食空間をコーディネートするなど、豊かな食生活を実現する専門家です。この資格を取得するには指定の科目の単位を取得したうえで、毎年12月に行われる認定試験に合格しなければなりません。生活科学科では資格取得に挑戦する学生をサポートしています。

食品衛生責任者資格取得支援
(一般社団法人東京都食品衛生協会)

食品衛生責任者とは、飲食店などにおいて食中毒などが発生しないように管理・運営する、食品衛生に関する専門家です。資格を取得するためには、一般社団法人東京都食品衛生協会の養成講習会を受講し、試験に合格しなければなりません。食品衛生責任者は、飲食店や食品の販売店には必置であるため、取得することはフードビジネスに有利です。生活科学科では、この資格取得を希望する学生を支援します。

学生メッセージ

“時間をうまく使うことで知識も趣味も増える短大生活”

食の生産、流通、食材一つひとつの特徴や調理法、食中毒についてまで、幅広く食のことが学べます。また、実験や実習を通して、実際に自分の目や味覚で学べるのも印象的ですね。短大は時間の使い方が大切です。勉強はもちろん、バイトやサークルをやりながら、空いた時間には興味のあったアロマテラピーの講座なども受けるなど知識も趣味も増えた2年間でした。1年次に出来るだけ単位を取っておくと、2年次に就職活動しやすいと思います。在学中にフードスペシャリストの資格を取りたいと考え、勉強し、無事合格しました。

M.K.さん

卒業生メッセージ

“開発した商品を世の中へ”

大学受験の時、食べることが好きなことに気づき、食について学びたいと思いました。いまは、食品メーカーでアイスクリームの研究開発をしています。世の中に出る商品を開発できるという仕事は、ワクワクします。共立で学んだことで役立っているのは、栄養学ですね。学んだ知識がそのまま役立つというわけではなく、頭の中に栄養学の土台ができていたので、吸収力が良かったと思います。研究職ということで、周りは大学院卒業の理系の方ばかりです。短大卒でもできるんだということを見せていきたいです。

M.T.さん
2011年3月卒業
食品メーカー/研究開発職

入試情報

コース一覧