共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

家政学部[建築・デザイン学科] 家政学部[建築・デザイン学科]

人材養成目的・3つのポリシー

人材養成目的

 家政学部建築・デザイン学科の人材養成目的は、家政学部の人材養成目的に基づき、「人が生きていくために必要な生活の場を構成している『空間』や『モノ』などを総合的にとらえ、学び、安全・安心・快適な生活を実現するために『建築』と『デザイン』から提案できる専門的知識・実践力を身につけた女性を育成する」ことである。

3つのポリシー

ディプロマポリシー

  • 人が生きていくために必要な生活の場を構成している『空間』や『モノ』『伝達』などを総合的に捉えることができる、知識・能力を身に付けている。(知識・理解)
    1. 生活の場を建築やインテリアの分野で設計・施工・管理する技術を身につけている。
    2. プロダクトデザインやグラフィックデザインの分野で設計・制作・ディレクションできる技術を身につけている。(技能)
  • 『空間』や『モノ』『伝達』などを総合的に捉え、適確に分析・評価を行い、安全・安心・快適な生活を実現するために『建築』と『デザイン』の分野から創造し提案できる専門的知識・実践力を身に付けている。(思考・判断・表現)
  • 変化する生活の場の状況に対して、常に意欲的に取り組み、そのあり方を表現し続ける力を身につけている。(関心・意欲・態度)

カリキュラムポリシー

本学科は生活の場を構成するものすべてを対象として、総合的にとらえ、学び、あるべき姿を「建築」と「デザイン」から提案できる「知」と「ワザ」を確実に身につけるために、「建築コース」と「デザインコース」を設ける。また、それらが遊離することなく有機的関係を保ちつつ、それぞれの専門を研鑽するために、「建築分野」「インテリア分野」「プロダクト分野」「グラフィック分野」の4分野から教育課程を編成する。

アドミッションポリシー

  • 生活の場を構成している『空間』や『モノ』『伝達』などを適確に理解するための国語、外国語、歴史、数学、理科などの基礎的な知識を有している。(知識・理解)
  • 生活の場を構成している『空間』や『モノ』『伝達』などを捉えるための観察力・描写力と、提案すべき『空間』や『モノ』を表現するための基礎造形力・基礎表現力を有している。(技能)
  • 生活の場を構成している『空間』や『モノ』『伝達』などに関連した情報を意欲的に収集し、集めた情報の関連づけが行え、考察することができ、そのあり方を表現できる。(思考・判断・表現)
  • 建築やデザインに常に興味を持ち、グループのなかでディスカッションとエスキースを繰り返しながら、創作意欲を刺激し合い、目標を達成できる意欲がある。(関心・意欲・態度)