共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

家政学部[建築・デザイン学科] 家政学部[建築・デザイン学科]

学びの特色

01建築・デザイン学科が求める人材とは

深い興味を持ち、目標を設定し努力・行動ができる人。協調性があり、学んだ知識を生活向上や社会のために役立てていきたいと考える人です。
建築・デザイン学科では、生活の場を構成するものすべてを対象として、総合的に捉え、あるべき姿を「建築」と「デザイン」から提案できる人を育てるために2つのコースを設定。さらに横のつながりを重視しながら、それぞれの専門性を深める4分野を用意しています。

02建築コースの学びとは

建築コースでは建築設計、インテリア設計の2つの分野から、住環境を構成する「人と空間ともの」のあり方について学びます。
求められているのは、これからの住環境を創造する力。それを培うため、人間を知り、工学技術と美術センスを磨き、それらを統合化する力を養います。
一級または二級建築士、インテリアプランナー受験資格取得が認可されます。

03デザインコースの学びとは

デザインコースは、プロダクトデザインとグラフィックデザインの2つの分野から構成されています。豊富な演習を通して、社会におけるデザインの役割を探求します。
視覚的な媒体を通したコミュニケーションの役割を認識し、また、生活に不可欠なものの機能や形態のありかたを学ぶことで、より豊かで高度な「知と女性らしさあふれる感性」を養います。