共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

文芸学部

Faculty of Arts & Letters

OGネットワーク

1.ようこそ 文芸OGネットワークへ

文芸OGネットワークは、文芸学部卒業生、文芸学研究科修了生の組織です。文芸学部創設五十周年を機に、卒業生のネットワークを作りたいという声が高まり、平成15年7月26日の文芸学部五十周年記念式典に於いて設立が発表されました。まだまだ活動はこれからです。多くの卒業生の参加をお待ち申し上げます。

連絡先

入会希望の方は、下記へお問い合わせください。
文芸学部の卒業生、文芸学研究科修了生なら誰でも参加できます。
入会金は不要。
年会費は2千円です。
〒101-8437
東京都千代田区一ツ橋2-2-1
共立女子大学本館1403号室
og-net@kyoritsu-wu.ac.jp
FAX 03-3237-2681

2.活動紹介

文芸OGネットワーク総会

平成28年6月4日(土)、文芸OGネットワーク総会・第13回サロン講座を開催致します。午前中に総会が行われ、27年度の活動報告、本年度の活動予定・予算等が報告・審議されます。午後は、文芸サロン講座が行われます。是非、ご参集くださいますようご案内申し上げます。

日時:平成28年6月4日(土)
総会・昼食・懇談  11:00~13:15
文芸サロン講座   13:30~15:30
講師:山本聡美氏(文芸学部教授)
テーマ:「九相図ー日本美術における死の造形」
*山本先生は、日本中世絵画史における研究成果をまとめた『九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史』(角川書店 2014年)によって、平成27年度(第66回)芸術選奨文部科学大臣新人賞(評論部門)と平成27年度(第36回)上野五月記念日本文化研究奨励賞を受賞されました。
場所:本館108号室
(文芸サロン講座には会員以外の方も参加できます。前もって上記連絡先までお申し込み下さい。)

※なお、当日平成28年度の会費(2000円)を申し受けます。会員には、葉書にてご案内していますが、出欠のお返事は5月末日まで必着でお願いします。

共立祭

総会・文芸サロン講座

共立祭

  • 日時:10月15日(土)~16日(日)
  • 卒業生は勿論、誰でも利用できる懇談の場を提供いたします(茶菓の用意あり)。
  • バザーは、品物を提供する人が自分で販売を行う形にさせていただきます。
  • ※下の画像をクリックすると大きなチラシ画像をご覧いただけます。)

会報発行

年1回、「文芸OGネットワーク通信」を発行しています。卒業生の活きた情報交換の場になればと思います。合わせて「文芸学部報」もお送りしています。

劇芸術研究室資料整理

劇芸術コースの所蔵する演劇関係資料の整理のお手伝いをしています。現在、週一日午後2、3時間集って作業をしています。参加ご希望の方は上記連絡先までお問い合わせください。
(火 13:30~15:30)

劇芸術資料整理室から

劇芸術資料の仕分けも終盤に入り、コンピュータによるデータ入力作業の準備の段階です。有志が集まり、早稲田大学の演劇博物館に整理の様子を見学に行きました。スタッフの方の丁寧な説明に、小さな資料もないがしろにはできない事、根気のいる、息の長い作業になる事を再認識させられました。

文芸サロン講座開催

サロン風の趣で、お茶をいただきながら、文学・芸術はもちろんのこと、色々な分野から講師をお招きしてお話を聞いたり、ご意見を伺ったりできる講座にしたいと思っております。

第9回文芸サロン講座

数々の戯曲、小説、エッセイ、評論を執筆された井ひさし氏の三女で現在、「こまつ座」社長を務められている井上麻矢氏のご講演は大変興味深いものでした。麻矢氏はフランスに留学され、帰国後は演劇とは異なる分野でご活躍ののち、「こまつ座」の仕事に携わられるようになり、劇団運営の中枢となっていかれました。ひさし氏と麻矢さんとの父娘関係は、世間一般のそれとは少し異なり、ある一定の距離を保った関係であったようです。それがお二人で「こまつ座」で構築していく濃密な時間を共有するうちに、微妙な距離は少しずつ縮まり、お互いに認め合い尊敬し合う、絆の強い人間関係になっていかれたようです。何よりも麻矢さんが井上戯曲の一番の読み手であり、最大の理解者であることは紛れもありません。ひさし氏は良い演劇とは演者と観客が一体化し、演出者、役者が観客を心地良く裏切ることで成立すると言っておられたそうです。麻矢氏はひさし氏が亡くなられた今、これからの「こまつ座」の使命は残された数多くの戯曲を上演し、井上戯曲の「こまつ座」としてのスタンダードな上演スタイルを確立することだと述べられました。そして、その後は、他の劇団に自由な演出形態で、井上戯曲のレパートリーを上演していって欲しいそうです。

第9回文芸サロン講座

第10回文芸サロン講座

今回は、放送作家の松崎まこと氏をお迎えして行われました。これまで携わってこられた主な番組は、TBSラジオ「荒川強啓デイ・キャッチ!」、ニッポン放送「高嶋ひでたけのお早う!中年探偵団」等々。他にも人気番組の脚本を手掛けていらっしゃいます。早稲田大学を卒業後、レンタルビデオ店長、塾講師を経て、91年より放送作家へ転身、様々な番組つくりをされたなかで、興味深いお話を色々披露してくださいました。普段何気なく聞いている番組の向こう側に色々な出来事があり、そしてそれは現在放送中の全ての番組でも同様なのだろうと察せられました。お父様が敏腕の政治記者でいらしたので、夜討朝駆そのままに仕事に取り組んでいらした姿を見て育って、政治記者だけには絶対ならないと思われたそうです。ただ、自分も「書く」とう仕事に自然と向いていったのは、父親の影響があったのではないかというお話でした。今は、脚本だけではなく、映画検定一級という実績からFM局で映画紹介の番組の企画はもちろん、出演もされるという具合に仕事の幅を広げていらっしゃいます。

第10回文芸サロン講座

3.年間行事予定

  • 平成28年6月4日(土) 平成28年度総会
  • 平成28年7月初旬 会報「文芸OGネットワーク通信」第24号発行予定
  • 平成28年10月15日(土)・16日(日) 共立祭参加

その他、随時講習会・役員会を開催する予定です。

【文芸メディアコース主催研究集会への参加について】

文芸OGネット会員は、文芸メディアコース主催の文芸学部行事である文芸メディア研究集会に参加することができます(無料)。前期の研究集会は4月30日(土)、5月28日(土)、6月25日(土)に行われます。 後期は10月、11月に行われる予定です。日程が決まり次第、お知らせ致します。集会に参加ご希望の方は上記連絡先までお問い合わせください。