共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

2017 公演情報


※画像をクリックすると拡大して表示されます。

★チラシデザイン  田中玲南(家政学部1年) 佐治ひとみ(家政学部2年)


こんにちは! 共立女子大学・共立女子短期大学KALECOプロジェクトです。
KALECOプロジェクトでは大好評をいただいた2015年度、2016年度に引き続き、今年も『青い鳥』を上演します!
今年の『青い鳥』は11月25日(土)、26日(日)の2日間です。
そして、2017年度をもって、舞台をつくるKALECOはしばらくお休みをいただきます。3年目の集大成、第一期のラストランとなるKALECO2017『青い鳥』を是非ご覧ください!



KALECOとは

  

KALECO──Kyoritsu Active Learning Experience for Collaborative Communication──とは、共立女子大学・共立女子短期大学で学べる多彩な教養と技術を結集して集団的創造を実践し、その成果を公開する全学部学科連携の授業プロジェクトです。KALECOの目的は、総合的コミュニケーション能力を身につけること。学生がひとりひとりが、集団創作を通じて主体的個人としての成長を実感できる授業を目指しています。
2015年度に新規開講されたKALECO授業では、キャスト・スタッフ、舞台に関わる全てを学生が担う舞台『青い鳥』をプロデュースしてきました。
舞台づくりには様々な専門技術が必要です。しかし、経験は関係なく、プロの舞台芸術の先生方と本学の先生方のご指導の下、皆でアイディアを出し合いながら、自分たちの力で一から舞台をつくっています。


あらすじ ~本当の幸せってなんですか?~

  

クリスマスイブの夜。チルチルとミチルの元に訪れたのは年老いた魔女。魔女は「病気の娘のために青い鳥を探しておくれ」と言い、ふたりに「真実が見える」ダイヤモンドを託します。「イヌ」や「ネコ」、「火」と「水」など「ものの精たち」をお供に旅にでるチルチルとミチル。
思い出の国では亡くなったおじいさんとおばあさんに会ったり、夜の御殿ではいくつもの秘密の扉を開いたり、一行は様々な場所へ旅をします。その果てにふたりが見つけたものは……

童話として有名な『青い鳥』。その物語は「チルチルとミチルが幸福の青い鳥を探しに旅に出るが、その鳥は自分の家にいた」ですべてではありません。 旅を通して、チルチルとミチルは本当の幸せを見つけます。ふたりの見つけた幸せとは、何だったのでしょうか……


公演情報

日時

  

2017年11月25日(土) 16:30開場 17:00開演
    11月26日(日) 14:30開場 15:00開演

※入場無料・予約不要


会場

  

共立講堂
〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-2-1

  

・東京メトロ半蔵門線・都営地下鉄三田線・都営地下鉄新宿線「神保町」駅下車 A8出口から徒歩1分
・東京メトロ東西線・半蔵門線・都営地下鉄新宿線「九段下」駅下車 6番出口から徒歩5分
・東京メトロ東西線 「竹橋」駅下車 1b出口から徒歩3分

アクセスマップ


後援

千代田区/千代田区商店街連合会

協力

制作指導:有本佳子(プリエール)
演出・キャスト指導:西山水木(プリエール)
          伊藤留奈(Ito・M・Studio)
舞台美術指導:石井みつる(舞台美術家・文芸学研究科非常勤講師)
       松野潤(舞台美術家・文芸学部非常勤講師)
映像指導:浦島啓(コローレ)
照明指導:稲葉直人(アート・ステージライティング·グループ)
音響指導:富田聡
衣装指導:石川俊一
舞台監督指導:赤坂有紀子



授業担当教員

代表:村井華代(文芸学部)
[家政学部]高橋大輔 福田一郎 藤田雅夫 堀 啓二 丸田直美 宮武恵子
[文芸学部]遠藤耕太郎
[国際学部]橋川俊樹
[看護学部]岸田泰子
[生活科学科]児玉好信 渡辺明日香
[文科]岡部隆志 菅野扶美





連絡先

公演に関してのお問い合わせはこちら!
kaleco.gr@kyoritsu-wu.ac.jp


過年度の公演の様子