共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

家政学部[建築・デザイン学科] 家政学部[建築・デザイン学科]

学びのフロー 学科共通の学び

学びのフロー

学科共通の学び・取り組み

建築&デザイン総合演習

生活者の立場から場や街、もの、情報を提案するのが建築·デザイン学科

「空間」と「もの」、「情報」があっても、そこに人々の活動がなければ、生き生きとした生活になりません。建築・デザイン学科では、生活者の立場から、「空間」と「もの」、「情報」を対象とした具体的なデザインを提案する人材を育てます。建築コース(建築分野・インテリア分野)、デザインコース(プロダクト分野・グラフィック分野)の2コース4分野で構成され、各々が専門的な学びを深めます。

分野の垣根を越えて、地域活性化の演習を実施

一方で、人の生活をサポートする点で切っても切れない関係でもある2コース4分野。そこで、各々の垣根を越え横断的につなぐチームを編成し、「神保町の街を元気にする」をテーマにした演習を実施。各チームで街を調査し、必要な空間・機能・もの・情報を抽出。具体的な空間とそこで必要な家具やサインなどを計画しました。地域の方々をお招きし、講評会にて発表しました。

神保町フォトコンテストを企画

この企画は、神保町の街の魅力を写真に撮って送ってもらい、それをSNSや共立祭の会場で一般の方々に投票していただき、優秀作品を発表するというもの。会場では、段ボール紙で神保町の街並を再現し、写真が撮られた場所に写真を展示しました。多数の参加者があり、神保町という地域のアピールにつながりました。

中・高・大対象のデザインコンペを開催「わたし to デザイン」

共立女子大学の建築・デザイン学科は、生活者の目線に立った建築とデザインを考えられる女性を育成することを教育目標にかかがえています。そのため、建築やデザインに興味を持つ女子中学生・高校生、女子大学生を対象とした「わたし to デザイン」というコンペを開催し、身近な環境にある建築やデザインに気づいてもらう機会を設けています。2017年第1回コンペでは、「雨やどり」をテーマに設定。多くの独創的な作品が集まりました。二次審査に勝ち残った作品の応募者には、共立祭の会場でプレゼンテーションを行う最終審査を実施。作品に込められた思いを語ってもらいました。このコンペを、共立女子大学の看板となる取り組みにすべく、これからも盛り上げていきます。

卒業論文・制作展を開催

4年間の中で学んだ建築、デザインの集⼤成として、卒業制作や卒業論⽂に取り組みます。学⽣は⾃らテーマを設定し、コンセプトを紡ぎ出し、⾃分の持つ技術と知識のすべてをかけて挑みます。指導教員は学⽣⾃らの持つ思考やプロセスを尊重しながら、「⾃分の⽬で⾒て、⾃分の頭で考え、⾃分の⾜で⾏動する⼈」になるよう、⼀⼈⼀⼈指導します。卒業制作の作品や卒業論⽂は、学⽣たちが4年間学んだ情熱がいっぱい詰まっています。