共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

看護学部

Faculty of Nursing

ニュース一覧へ戻る

ニュース詳細

更新日:2016年08月31日

その他

大学院 看護学研究科 看護学専攻(修士課程)の概要と入試情報について

 平成28年(2016年)3月に文部科学省へ設置認可申請した 共立女子大学大学院 看護学研究科 看護学専攻(修士課程)について、平成28年(2016年)8月31日付で設置認可を受け、平成29年(2017年)4月に開設することとなりました。


研究科長からのメッセージはこちらから


1.概要

  開設年   平成29年(2017年)4月

  設置場所  東京都千代田区神田神保町3-27(神田一ツ橋キャンパス)

  学 位   修士(看護学)

  修業年限  2年

  入学定員  5人


2.人材養成目的

広い視野に立って精深な学識を身に付け、高度化・複雑化する健康課題に対して展開される看護実践を科学的に検証し、支援技術の向上と新たな支援方法の開発に貢献できる研究能力・看護実践能力を有する人材を養成します。


3.教育目標

l 看護学及び看護実践に関連する分野の理論と最新の知見を活用することのできる論理的思考力を育成します。

l 看護実践上の課題を見出し、研究を計画・実施し、課題解決のための方略を提案することのできる能力を育成します。

l 高度なアセスメント能力と対人支援能力を基盤とした、看護実践の質の向上を牽引する能力を育成します。

l 保健医療福祉の政策・制度、組織及びシステムに働きかけ、療養生活並びに健康生活を支える環境を改善する能力を育成します。

l ケアの対象者並びに多職種の持つ多様な価値観や背景を理解し、研究及び実践における連携・協働を推進する能力を育成します。

 

4.教育課程編成の考え方

 現在、我が国は大きなヘルスケアシステムの転換期にあり、病気を治すことに主眼を置く「治す医療」から、病を抱えながら生活する患者とその家族を対象とし、生活を主眼におきながら支援していく「支える医療」への進展(キュアからケアへ)に対応すること、疾病からの回復を図ることとともに、疾病と共存しながら、生活の質(QOL)の維持・向上を支援することが求められています。また、国民の求める「住み慣れた地域で尊厳のある生活の継続」を保証するには、健康な時の生活と病気の治療やそれに伴う療養生活とが分断することなく、円滑に移行できる、すなわちケアサイクルが滑らかに循環していなければなりません。そのためには、「療養生活」「健康生活」それぞれの内実が整うための知見、「療養生活」と「健康生活」の間が円滑に移行できるための知見が求められています。加えて、ケアサイクルを循環させるには、「療養生活」「健康生活」が展開される場に根ざしたケアと、複雑なニーズに対応した統合的なケアの2つが不可欠です。このため、生活と支援(ケア)の継続性を重視した名称を用いて、共立女子大学大学院看護学研究科看護学専攻(修士課程)の教育課程は、「療養生活支援看護学領域」と「健康生活支援看護学領域」の2領域を柱として編成しています。

 このような基本的な考え方に基づき、本研究科のカリキュラムは次のように構成しています。


共立女子大学大学院看護学研究科(修士課程)カリキュラム


5.特別研究について

『特別研究』では、指導教員の研究指導を受けつつ、学位論文をまとめていきます。研究指導教員は下記のとおりです。


特別研究指導教員一覧


6.アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

  • 本学の理念、本研究科の人材養成目的、教育目標を理解し、人々の健康と福祉の向上に向けた看護学の発展と看護実践の改善・開発に寄与する意欲を持つ人。

  • 看護学の基礎的知識や実践経験に基づき、科学的に探究すべき課題を認識し、それを表現できる人。

  • 最新の知見を学び、研究課題を探究することに、主体的に取り組む態度を持つ人。

  • 人々とその生活を支える環境を等しく看護の対象と捉え、双方に対する看護実践の改善・開発に関心を持つ人。


7.入学試験について

1)出願資格の概要

① 学士の学位を取得している者。および、平成29年3月までに卒業見込みの者。

② 短期大学、高等専門学校、専修学校、各種学校の卒業者及びその他の教育施設の修了者等大学卒業資格を有しない者で、入学時点で看護師・保健師・助産師のいずれかとして3年以上の実務経験を有する者のうち、共立女子大学大学院看護学研究科の研究科委員会において個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、22歳に達した者。

③ 本学大学院学則第49条第1項に基づき、「大学卒業と同等以上の学力を有する者」と認定した者。


2)出願に際しての留意事項

 1:出願前には、特別研究の指導を希望する教員との「事前相談」を行います。

 2:出願資格② ③で出願される方は、事前の審査(入学資格審査)が必要となります。

 ※出願期間に間に合うよう、余裕をもってご用意ください。


3)選抜方法と試験科目

 入試には「一般選抜」と「社会人選抜」の2種類があります。

 試験科目は、「外国語(英語)」「専門分野別小論文」および「面接」です。

 

4)入試日程(一般選抜・社会人選抜ともに同じ)

  <入学資格審査の期間>

 一次 平成28年11月1日(火)~11月14日(月)

 二次 平成29年1月16日(月)~1月30日(月)


8.平成29年度入学時学納金


詳しくは「学生募集要項」にてご確認ください。

<問合せ先・「募集要項」請求先>

 共立女子大学 入試事務室 

 東京都千代田区一ツ橋2-6-1 神田一ツ橋キャンパス 2号館1階

 電話03-3237-5656 FAX 03-3237-5633