HOME

社会連携

ニュース詳細

ニュース一覧へ戻る

ニュース詳細

更新日:2022年01月21日

メディア掲載

【社会連携】<メディア>毎日新聞:共立女子大 双日との連携 課題解決型プロジェクトの取組 

【メディア掲載】

共立女子大学 × 双日 連携による課題解決型社会連携プロジェクト「玄海鷹島本まぐろプロモーションプロジェクト」の取組みについて

1月21日(金)までプロジェクト学生考案メニュー「鷹島本まぐろのアボカド豆乳クリームパスタ」共立女子大学 学生食堂での展開などを、

毎日新聞WEB版に掲載いただきました。

 

<掲載日>    2022年1月18日(火)

<メディア>   毎日新聞 WEB版

<内容>    共立女子大 鷹島本まぐろを使い、洋風パスタメニュー 学生食堂で提供

https://mainichi.jp/univ/articles/20220115/org/00m/100/003000c

 

共立女子大学・共立女子短期大学と双日株式会社は、産学連携協力に関する協定を2021年5月31日に締結しました。これは両者が多面的な連携のもとに相互に協力して、双日の完全子会社である双日ツナファーム鷹島株式会社で育成する養殖マグロ「玄海鷹島本まぐろ」の認知度向上などを目的に、プロジェクトで取り組み、教育・研究の推進、人材の育成及び産業と社会の発展に寄与することを目的とした協定です。
6月より、課題解決型社会連携プロジェクトとして「双日 × 共立女子大学 鷹島本まぐろプロモーションプロジェクト」学生メンバー6人が活動を開始しました。

このたび、プロジェクト活動の一環で、プロジェクトメンバーのレシピ班(家政学部 食物栄養学科 管理栄養士専攻3年 3名)が考案した鷹島本まぐろのレシピのうち、
「鷹島本まぐろのアボカド豆乳クリームパスタ」が、1月18日(火)-21日(金)4日間限定で、共立女子大学2号館2F ラシュレにてメニュー展開となりました。

メニュー:鷹島本まぐろのアボカド豆乳クリームパスタ
    ・鷹島本まぐろの「赤身」を使用
【特徴】
 ・鷹島本まぐろ(赤身)を、20時間漬けと3時間漬けにし、パスタメニューに提供できる形にしました。
  しかも、鷹島本マグロの身がしまっていることから、漬けでも、しょっぱくなく、まぐろの旨み、食感も楽しめます。
 ・クリームを柔らかめに仕上げるために、豆乳採用。健康志向、女性への訴求。
 ・盛付(パスタと、鷹島本まぐろ それぞれ別皿で盛り付け。味変など楽しめる)
 ・西洋わさびの香り、風味
 ・レモンの酸味がアクセント

【材料】
鷹島本まぐろの漬けたれ
  レフォール(西洋わさび)
  オリーブオイル
  はちみつ
  アップルビネガー
  めんつゆ

鷹島本まぐろ(赤身)
  20時間漬け
  3時間漬け

アボカドパスタ(生パスタ)
  豆乳
  アボカド
  イタリアンパセリ
  パセリ
  レモン

付け合わせ
  ダイコン
  大葉
  穗紫蘇
 

「鷹島本まぐろのアボカド豆乳クリームパスタ」

2022年1月18日(火)-21日(金)期間限定で提供いたします。

展開期間:2022年1月18日(火)-1月21日(金)
     4日間の期間限定提供
場      所:共立女子大学 2号館2F ラシュレ
提供価格:610円(税込)
1日20食限定

 

▶共立女子大学 × 双日 鷹島本まぐろプロモーションプロジェクト 取組についてはコチラ

▶共立女子大学 × 双日 鷹島本まぐろプロモーションプロジェクト 長崎県 鷹島漁場 視察レポートはコチラ

共立女子大学 × 双日 鷹島本まぐろプロモーションプロジェクト 考案メニューお披露目・中間発表レポートはコチラ

 

 

 

鷹島本まぐろのアボカド豆乳クリームパスタ

 

 

▶双日(株)× 共立女子大学 鷹島本まぐろプロモーションプロジェクト参加学生 所属内訳

 所属       学年 人数(人)

家政学部・食管   3      3

家政学部・建デ   2      1

文芸学部                1     1

国際学部                3      1

  合計                               6

 

共立女子大学・共立女子短期大学 社会連携センター

メール          renkei.gr@kyoritsu-wu.ac.jp

公式Twitter https://twitter.com/kyoritsu_wu