共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

国際学部

Faculty of International Studies

HOME

学部・短大・大学院

国際学部

取り組み・プロジェクト紹介 詳細

一覧へ戻る

取り組み・プロジェクト紹介 詳細

更新日:2019年01月17日

留学体験記「MY WINNIPEG LIFE」

MY WINNIPEG LIFE

 

N.U.さん(現2年生)

留学先:ウィニペグ大学(カナダ)

留学期間:2018年4月~2018年9月

 

(1)ウィニペグ大学に決めたきっかけ

 

 まず、私が留学に挑戦しようと思った理由はシンプルに英語を流暢に話せるようになりたかったからです。海外旅行が好きで、将来も外資系の会社で働きたいと思っているので、外国で生活をするというのも、私の夢の一つでした。ウィニペグ大学を選んだ理由は、留学にかかるコストです。ウィニペグ大学に行った友達みんなが口をそろえて、決め手はコスト!というくらい安く行けるのです。とは言っても、実際生活してみると、思ったよりも生活費がかかり、授業費でウィニペグ大学を決めたものの、実際はそう計画通りにはいきませんでした。ですがその分、有意義な半年間を過ごせました。


↑They’re “apple of my eyes!” My lovely funny fantastic teachers!!

 

(2)留学先での語学授業

 

 何が一番楽しかったかというと、学校の授業です。ウィニペグ大学では私の学びたいものがたくさん学べました。

  まず、私の目標である、英語のlisteningとspeaking。これらを重点的にやろうと、generalコース、academicコースのうち、generalコース を選びました。これは主に、日常英会話でよく使うフレーズ、言い回し、listening練習...。まさに私がやりたいことでした。学期ごとに希望のクラスを、テストの結果と自分の希望で選択します。私は6か月、約2学期滞在しましたが、どちらもgeneralコースを選んで、徹底的にspeakingとlisteningを磨きました。 

 まず初めに、伸びていると実感できたのはlisteningでした。先生やホストマザーの話がどんどん聞き取れるようになりました。初めの一週間は何も理解できずに不安しかありませんでした。ここで言っておきたいのは、わからないままにしないことです。わからなかったら、理解するまでちゃんと聞くことです。Speakingについては伸びたものの、6か月150%で勉強に励んだものの、正直、まだ完全な自信はありません。(帰国後はこの英会話力を少しでも落とさないように、日本にいる外国人、彼らと話せる貴重な機会を毎日探しまくっています...。)ただ、この授業をとってよかったとはっきり言える理由は、ほとんどすべてが日本では学べないこと、だけどカナダではびっくりするほど使えるものばかりだったことです。その日学んだ新しいことを、ホストマザーや、カナディアンの友達に試してみたり、一緒に英語を勉強している各国の友達とそのフレーズを使って会話したりすることが、とても楽しくて、充実していました。次第に、学んだことは完璧に使いこなせるようになりたいがために、9時から始まる授業の前にも一人で自習し始め、勉強にはまっていきました。帰国した今、そんな新しい英語のネタ(?)が更新されずに、飢えてしまいそうなくらいです。そのくらいクラスの授業が最高の経験となりました。

 

my class! We always used to “lose our marbles.” I miss them…

 

(3)授業以外の思い出

 

 そしてなんといっても留学を通して得た最高の宝物は、世界中からくる友達です。これはどこに留学に行っても同じだとは思いますが、一番大事な思い出なので話します。ウィニペグ大学の私が行った期間は、韓国から来ている生徒さんが多い時期でした。そこで出会えた友達は本当に仲が良くて、帰国後も連絡をずっと取っています。この前は、韓国の多くの友達の一人が日本に遊びに来たので、大学で一緒だった日本人とも久々に東京で再会し、みんなでご飯に行きました!大学ではできなかったことや日本での生活を韓国から来た友達と一緒に楽しめるのは不思議な感じもしましたが、とてもうれしかったです。次は私が韓国へ行く番だね!と次は韓国で会う約束もしました。とにかく何が言いたいかというと、世界中から来る一生の友達に出会えます!同じプログラムで出会う生徒さんたちは、母語が英語ではないので、英語のほかにもたくさんの言語や文化が学べます。留学を悩んでいる方は絶対行くべきです。目的、目標がどんなことでも、また将来の夢、目標がない人でも、必ず何か大きいものを得ることができることと思います。

 

 

(4)今後どのように活かしていくか

 

 留学前は外資航空会社のCAになりたいと思っていましたが、留学後は航空業界以外の外資系の会社も視野に入れております。様々なことに興味を持つことができ、外国の方と携わっていくという気持ちは留学後も変わっておりません。それまでに学生中にやりたいこと、学びたいことが一気に増えました。おかげで毎日大変です!

 

after class with my soul mates when we did squash in U of W day off with girls! 

 

one day in the class… SIMILAR LOOK!! When we saw again in Tokyo