共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

国際学部

Faculty of International Studies

HOME

学部・短大・大学院

国際学部

取り組み・プロジェクト紹介 詳細

一覧へ戻る

取り組み・プロジェクト紹介 詳細

更新日:2018年07月06日

【国際学部】授業紹介 “Topics in US Society” (GSE): 「英語を話すのは...今でしょ!」

【国際学部】授業紹介 “Topics in US Society” (GSE): 「英語を話すのは...今でしょ!」

 

(英語オリジナル版はこちら

 

 2016年から始まったGSEプログラムは、ネイティブ教員が担当する様々な科目における集中的な学習によって、学生たちに英語のスキルを向上するだけではなく、視野を広げることによって異文化理解の能力を高めることを目的としています。以下では、そうした科目の1つである “Topics in US Society”について、6月のある1日の授業実践を紹介します。

 

クラス紹介

“Topics in US Society”(担当教員:サラ・アサダ先生)は、現在のアメリカ合衆国社会の諸課題について考える入門レベルの科目です。クラス全体や小グループでの討論、さらにインタラクティブなミニ講義など、教員、学生、そして外国人ティーチング・アシ スタント(TA)の間で多くの対話がある、とても活発な授業です。今日の授業では、合衆国における性別役割の変化と、ますます多くの女性が家計を支える稼ぎ手となっていることの意味について考えました。


外国人ティーチング・アシスタントについて

このクラスのユニークな特徴は、外国人ティーチング・アシスタントの存在です。彼らは授業に全部で8回参加し、共立の学生が英語でアカデミックな議論を行うための技術を磨き、異文化間のコミュニケーション能力を向上させることをサポートしています。この外国人学生はアメリカの大学から日本に留学している人たちで、アメリカ人が3人、ベトナム人が2人、中国人が1人という構成です。彼らは自身の体験から、アメリカ合衆国の社会的諸課題に独自の視点を持っており、それを授業の中で提示してくれます。


以下、受講生の一人であるY.I.さんに紹介してもらうことにしましょう。


授業の流れ


1.性別役割を定義する


今日の授業の導入
TAとのブレインストーミング
(Y.I.) まず最初に、私たちはグループ内で家庭における男性と女性の役割について話し合いました。そしてその際、日本でも状況は同じだろうかと自問自答しました。


2. 合衆国における伝統的、現代的性別役割について


アメリカ合衆国における性的役割の変化についての講義
違った考えに耳を傾けながら、比較してみる
(Y.I.) 私たちはアメリカ合衆国社会における性別役割について学びました。先生は、私たちの意見についてもコメントしてくれました。


.働く母親と専業主婦の母親が個人、家族、社会に与える影響とは


TAからのアドバイス
TAが語る違った見方や意見にびっくり
(Y.I.) 私たちは働く母親と専業主婦の母親の長所と短所について検討し、それらを相互に比較しました。


4.職場と家庭における女性と男性についてのアメリカの複雑な感情


初めて知ったことをメモする
TAもまたメモを取る!
(Y.I.) 私たちは、アメリカの女性たちをめぐる状況が複雑であり、それについての意見もまたさまざまであることを学びました。


5. なぜ働いて家計を支える既婚の母親が家事と育児の大半を行っているのか?

TAとディスカッションしながら、グループとしての意見をまとめる
各グループの意見を皆の前で発表する。
(Y.I.) 私たちは、男性たちがなぜTAの人たちが考えるように家事をしないのかについて考えました。その後、私たちのグループの意見をクラスで共有しました。


受講してのY.Iさんの感想

 このクラスでは、今まで知らなかったアメリカ合衆国社会の問題について学習することができます。講義はとても面白く、新しい知識とさまざまな見方や考え方を学ぶことができます。そして、興味を持ったことについて、もっと知りたいと思うようになりました。TAの人たちは、私たちが意見をまとめるのをいつもサポートし、議論が行き詰った時にはアドバイスをしてくれます。学生とTAとの間の会話も英語で行われるので、私たちは英語で自分自身の意見を述べる機会を持つことができます。こうした授業形態は、英語の技能を伸ばすのにとてもよいと思います。


他の受講生の声

- 今日は、英語でグループ・ディスカッションをリードしました。そのうえ、アサダ先生やTAの人たちに意見を褒めてもらい、とても嬉しかったです。

- TAの人たちのアドバイスのおかげで、どんどん面白い意見が出てくるようになりました。

- TAの人たちと話したり、面白い話を聞くのはとても楽しいです。

- 英語でTAの人たちと話すと、もっと話そうという意欲が湧いてきます。

- TAの人たちと話すのは緊張するけど、やろうとすれば英語を話すことができることがわかりました。

- TAの人たちが来てくれてから、日本語を話して時間を潰してしまうことが、本当にもったいないと思うようになりました。この授業は、英語の力を向上させるとてもよい機会で、英語を話さないといけないということがよくわかりました。

- 宿題は大変だけど、アサダ先生の講義やTAの人たちとのディスカッションのおかげで、今日の授業は全部理解することができました。



 国際学部のホームページはこちらから