共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

家政学部[食物栄養学科] 家政学部[食物栄養学科]

ニュース一覧へ戻る

ニュース詳細

更新日:2016年11月11日

研究紹介

【大学院・家政学研究科】学生による研究発表(日本食品免疫学会)

大学院 家政学研究科 食物学専攻の武熊彩乃さんが、日本食品免疫学会で研究発表を行いました。


2016年11月9日に東京大学で開催された日本食品免疫学会2016年度大会において、大学院 家政学研究科食物学専攻1年生の武熊彩乃さん(指導教員:川上 浩 教授)が、『乳酸菌およびβ-グルカンによる腸管免疫調節機能の解析』という研究内容について口頭発表しました。武熊さんは本学の食物栄養学科管理栄養士専攻の卒業生です。


発表内容の概略:乳酸菌や多糖類などの食品成分が、ヒトの免疫機能を調節する可能性が示唆されるようになり、世界中でたくさんの研究が進められています。そこで、発酵茶由来の乳酸菌と酵母菌成分であるβ-グルカンを用いて、様々な免疫細胞に及ぼす作用について解析しました。その結果、これら食品成分の免疫調節作用の発現には、免疫機能の中心を担う樹状細胞やT細胞だけでなく、その他の免疫細胞(マクロファージなど)も関与することが明らかとなりました。


家政学部食物栄養学科のホームページはこちらから

家政学部のホームページはこちらから