共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

国際学部

Faculty of International Studies

HOME

学部・短大・大学院

国際学部

取り組み・プロジェクト紹介 詳細

一覧へ戻る

取り組み・プロジェクト紹介 詳細

更新日:2018年06月12日

留学体験記「1年間のカナダ留学を振り返って」

1年間のカナダ留学を振り返って

K.G.さん(現3年生)

留学先:ゲルフ大学(カナダ)

留学期間:2017年4月~2018年3月


 私はカナダにあるゲルフ大学に約1年間留学していました。私は大学生になったら絶対に留学をしようと決めていたのですが、行きたい国や行きたい大学は具体的に決まっていなかったので、大学生活にも慣れてきた夏休み頃からインターネットで情報を集めたり、留学経験のある先輩や友人に話を聞いて、治安も良く英語教育の水準も高いといわれているカナダに留学することを決めました。そこからトロントにある留学エージェントに手伝っていただきながら無事に手続きを済ませ、大学2年生の春から留学生活をスタートさせました。


大学内のグリフォン像の前でクラスメイトと


 ゲルフ大学のEnglish Language Program(以下ELP)の最大の特徴はレベルが10に分かれていることです。細かくレベルが分かれていることによって、自分のレベルにあった勉強が出来るので不安なく授業に参加することが出来ました。ゲルフ大学のELPにはWriting, Reading, Speaking, Listening, Grammarの授業があり、課題やプレゼンテーションは決して少ないとは言えないですが、確実に英語力を向上させることの出来るプログラムになっています。また、現地の学生がBuddyとしてマンツーマンでついてくれるBuddy programや、休み時間にクラスメイトと一緒に授業よりも少し砕けた会話やちょっとしたゲームなどもしてくれるconversation tutorなどもついてくれるので、授業以外でも楽しく英語を学べる機会が多くありました。

 そしてもちろん勉強だけでなく、夏にはナイアガラの滝へ行きフェリーに乗ったり、冬にはブルーマウンテンにスキーをしに行ったりと楽しいELP activityも沢山あります。約2か月ごとに1週間から2週間ほどの休暇もあり、その休暇を使って私はNYとモントリオールやケベックティーなどのカナダ東部、そしてフロリダへと旅行へ行きました。旅行はただ楽しいだけでなく、行くたびに自分の英語力の向上を実感することもできたので、それが自分の英語に対する自信にも繋がりました。また旅行以外でも週末はホストファミリーと家で料理をしたり、映画を一緒に観たり、クラスメイトとトロントへショッピングをしに行ったりなど1年間で沢山の素敵な思い出が出来ました。

  



NY 自由の女神の前で
Universal Studio Orlandのダイアゴン横丁

         

 私がカナダで過ごした1年間は、間違いなく今までの私の人生の中で最も充実した1年になりました。現在はカナダで学んだことを忘れないためにも、海外の方が多く来店されるレストランでアルバイトをしたり、カナダにいる友人と定期的に電話をしたりなど、日本にいても英語を使うように心がけています。そして英語力だけでなく、沢山の友人やもうひとつの家族をカナダで得ることが出来たのも、留学をして心からよかったと思える理由の1つです。このカナダでの留学の経験とそこで培った英語力を活かして就職活動を乗り越え、この素晴らしい体験をさせてくれた両親に恩返しをしたいと思います。

 



Closing Ceremonyにて
Canada's WonderlandのHalloween Hauntにて


国際学部のホームページはこちらから