共立女子大学・共立女子短期大学

クリックでメニューが開きます

家政学部[被服学科] 家政学部[被服学科]

ニュース一覧へ戻る

ニュース詳細

更新日:2017年11月13日

授業紹介

「被服平面造形学特論」では染織文化財保存に係る授業を行っています

 共立女子大学では五島美術館(東京都世田谷区)と協定を結び、2017年度の大学院家政学研究科被服学専攻の「被服平面造形学特論」で、昨年に引き続き同美術館所蔵の「金屏風を収める収納袋」の制作に取り組みました。本年度は、昨年制作した袋を改善し、より丈夫で扱いやすいものにするための検討を行いました。その結果、屏風両側面、結び紐を補強することとなりました。また、共立女子大学が関わったことが分かるようにネームタグを刺繍により加えることになりました。制作した屏風の袋は美術館の学芸員の方々から、以前より扱いやすくなった、安全性が高まったなどの評価を得ることが出来ました。今後も美術館と協力して、文化財の保護・保存について知識と技術の習得を目指していきます。

調査の様子制作の様子刺繍によるネームタグ
納品の様子納品の様子本年度と昨年度の屏風の袋が収納された状態