HOME

学部・短大・大学院/教育

文芸学部

取り組み・プロジェクト紹介

一覧へ戻る

文芸学部取り組み・プロジェクト紹介

更新日:2015年12月18日

日本語日本文学コース

源氏物語研究会100回記念講演会を開催しました。(平成27年12月12日)

日 時  平成27年12月12日(土)15時半~17時
講演者  文芸学部 内田保廣教授
場 所  神田一ツ橋キャンパス本館1213講義室
タイトル 江戸源氏

 11年前に学生や院生を中心としてたちあげた源氏物語研究会も今年100回目をむかえることができました。ふだんは『源氏物語』をこつこつと読んでいますが、100回を記念してこのたび講演会を開催しました。
 講演会では、本学文芸学部の内田保廣教授が、江戸初期から後期までの源氏物語受容を、浮世絵を通してわかりやすくご講義くださいました。種彦『田舎源氏』の挿絵に描かれた「大奥」の生活、吉原の遊女の部屋の奥に季吟の『湖月抄』(絵には潮月抄とあるのもポイントだそうです)、源氏絵に必ず「現在」の風俗が取り入れられることなど、細部にわたってひきこまれた90分間でした。
 在学生だけでなく、卒業生や他コースの先生にもご参加いただき盛会でおえました。
                                                  (文責 文芸学部 岡田ひろみ)

 

  

 

 

文芸学部のホームページはこちらから